自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
第2回小学生将棋交流団体戦 in 江戸東京博物館
この日は、第2回小学生将棋交流団体戦の開催日。
会場の、両国・江戸東京博物館へ。
IMG_5094_R.jpg

大会ポスターは、私の会社のアートディレクターに作ってもらいました。
IMG_5211_R_20191020211053235.jpg

私は、東京都支部連合会のメンバーとして、運営を行いました。
IMG_5096_R_20191020211056a6d.jpg

来賓の先生方。
IMG_5100_R_20191020211200e71.jpg

都連の小針会長から、開会のご挨拶。
IMG_5105_R_20191020211202a29.jpg

顧問の西村九段からご挨拶。
IMG_5114_R_20191020211310bdf.jpg

関根先生ご挨拶。
IMG_5119_R_20191020211333046.jpg

貞升先生ご挨拶。
IMG_5121_R_20191020211334b77.jpg

実行委員長の伊藤さんからルール説明。
IMG_5125_R_20191020211423e7c.jpg

1チーム5名の団体戦。18チーム90名の方にご参加いただきました。
IMG_5128_R_20191020211456f23.jpg

ねこまどチーム監督の北尾まどか先生。
IMG_5137_R.jpg

北尾先生の師匠である西村九段。
IMG_5142_R_201910202115434cf.jpg

入賞賞品。全参加者に賞状を用意しました。
IMG_5153_R_2019102021164561b.jpg

別室では、西村先生によるトークショーを開催。
IMG_5158_R_20191020211706d97.jpg

保護者の方々にご参加いただきました。
IMG_5162_R_20191020211757956.jpg

団体戦なので、応援にも熱が入ります。
IMG_5168_R_2019102021181933b.jpg

西村先生の指導対局。
IMG_5207_R_20191020211928102.jpg

関根先生の指導対局。
IMG_5192_R_20191020211854833.jpg

貞升先生の指導対局。
IMG_5184_R_20191020213919436.jpg

佐々木さんは、角落ちで関根先生と対局。
IMG_5210_R_20191020211950188.jpg

人形町子ども将棋教室の町田君は、副将で善戦。
IMG_5182_R_20191020213201c70.jpg

小寺さんも教室の生徒を応援に来てくれました。
IMG_5198_R_201910202130328f3.jpg

北さんによる指導対局。
IMG_5174_R_201910202131125aa.jpg

ねこまどチーム引率の池田さんは、子どもたちに大人気でした。
IMG_5171_R_20191020223625850.jpg

上位チームには、大判の賞状を用意しました。
IMG_5213_R_2019102021201622f.jpg

表彰式。
IMG_5214_R_20191020212039fde.jpg

都連・小針会長から賞状が授与されます。
IMG_5287_R_20191020212523ec9.jpg

A級優勝は、5戦全勝の両国将棋塾Aチーム。
IMG_5293_R_20191020212515790.jpg

A級準優勝は、千駄ヶ谷将棋教室チーム。お揃いのポロシャツです。
IMG_5282_R_20191020212715099.jpg

A級3位は、サロ八棋遊会チーム。
IMG_5270_R.jpg

A級4位は、江古田将棋教室チーム。
IMG_5274_R_20191020212904673.jpg

B級は5戦全勝で翔風館チームが優勝。
IMG_5225_R_201910202121042fa.jpg

B級準優勝は、所司一門将棋センター青砥教室。
IMG_5242_R_20191020212140217.jpg

真穂ちゃんは大将でチームをけん引しました。
IMG_5245_R_2019102021224653a.jpg

B級3位は棋心将棋教室。
IMG_5258_R.jpg

B級4位は深川棋遊会(1)。
IMG_5265_R.jpg

伊藤実行委員長によるじゃんけん大会。
IMG_5298_R_20191020212945536.jpg

西村先生による講評。
IMG_5310_R_20191020213005c1b.jpg

たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました!
IMG_5177_R_20191020213316b0e.jpg
スポンサーサイト



御徒町戦記
この日は御徒町将棋センターへ。土日はお客さんが多い。
IMG_7591_R_20191019222120485.jpg



▲自分 二段×△相手 三段


戦型は、相手の先手中飛車に私に三間飛車で、相振り戦に。
序盤で歩損になったが、後手の私は手得している。
42手目の▲6六銀は悪手で、▲5五同飛、△同飛に▲6六銀と打つべきだった。
60手目▲7一桂成から、飛車を抜いて、勝ち


席主さんと大会の実施に向けて、打ち合わせ。
12月に木村王位杯争奪将棋大会と、天野杯3vs3団体戦の2つを実施準備中です。
10月16日 将棋部練習会
10月16日の将棋部練習会。7名が参加。
IMG_7584_R.jpg

菅原さん。
IMG_7587_R.jpg

斉藤さん。
IMG_7588_R_20191016232946594.jpg

福田さん。
IMG_7586_R.jpg

田辺さん。
IMG_7585_R.jpg

打ち上げは、新橋の『博多劇場 屋台屋』へ。明太もつ鍋をいただきました。
IMG_7590_R.jpg

12月6日は、指導棋士の飯島篤也先生の指導会を開催します。
ふるってご参加ください。
IMG_6920_R_2019060922070267b_20191016233318f44.jpg
10月13日 湾岸将棋教室
この日は、豊洲で湾岸将棋教室を受講しました。
IMG_5092_R_20191013235442f3a.jpg

講師の近藤誠也先生。
IMG_5078_R_20191013235444384.jpg

三間飛車のエヴァンジェリスト、山本博志先生。
IMG_5086_R_201910132354454bd.jpg

タイトルホルダーの愛弟子・高野智史先生は、新人王戦決勝を対局中。
IMG_5089_R_20191013235447a4c.jpg

近藤先生に、角落ちで教えていただきました。

▲自分×△近藤誠也六段(角落ち)


下手は三間飛車。
角落ちでは軽い攻めでは仕掛けが成功せず、
仕掛ける前に離れ駒をなくしておくこと、
すべての駒を活用して戦力を集中させることを教えていただいた。
68手目▲7三桂成の成り捨てで、龍を作って下手優勢に。
101手目△3二金に対して、即詰みがあったようだが、
下手玉に詰めろがかかっていないため、▲6二金と打って必死をかけ、勝ち
金子タカシ先生の『必死道場』を読んでおいてよかったです。



毎月第2日曜日に開催の湾岸将棋教室、午後13:30~16:30の3時間で、
2人の先生に計2局教えていただいて、4,000円。お得だと思います。 
IMG_5081_R.jpg


夜は本八幡へ。居酒屋『まるし』で加瀬先生と打ち合わせをしました。
IMG_5093_R_201910132357260ac.jpg

ねこまど将棋教室 石田流三間飛車入門講座
この日は四ツ谷のねこまど将棋教室を訪問した。
IMG_0949_R_201910012245099f2.jpg

みずたま先生による、『級位者のための楽しく覚える石田流三間飛車入門講座』
全4回のうち、この日は2回目で、急戦型(角交換型)の講義でした。
IMG_7579_R_2019100823435333d.jpg

講義受講後、四ツ谷の牛タン店『忍』へ。
IMG_7580_R.jpg

名物のゆでタン。シンプルな味付けだが、深い肉の旨味が感じられる。
IMG_7581_R.jpg
野島崇宏先生指導会 相振り飛車
先日10月2日の指導会の際に、
野島崇宏先生に相振り飛車のポイントを教えていただいた。
IMG_7524_R.jpg


▲三間飛車×△向かい飛車



類型的な▲三間飛車×△向かい飛車の相振り戦のオープニング。
ポイントは、

・先手は素早く▲6五銀型を作る。
・▲9五歩と突いて9筋で香交換。
・9三の地点で角桂を交換して龍を作る。
・角銀交換で先手駒損でも、カナ駒がない後手は受けづらい。


とのこと。
菅井先生が指す形らしいので、勉強してみたいです。

野島先生、ありがとうございました!
IMG_7532_R_2019100721323715b.jpg
新宿戦記
この日は新宿へ。
IMG_7555_R.jpg

たまには河岸を変えて、新宿将棋センターを訪問した。
IMG_7556_R_201910070044584d0.jpg

お客さんでほぼ満席。
IMG_7558_R_20191007004459a05.jpg

櫛田先生が指導対局をしていました。
IMG_7557_R.jpg


▲自分 二段×△相手 二段


戦型は、相手の初手▲3六歩戦法。
さすがは新宿将棋センター、独自戦法のお出ましである。
変則的なオープニングから、相三間飛車?に収まった。
16手目▲4八玉は疑問手で、▲7七角が無難だった。
28手目▲6四角で優勢に。相手玉の居玉がたたり、48手目▲6二飛で勝ち
御徒町戦記
10月に入り涼しくなった。御徒町でランチ。蘭州ラーメンの『国壱麺』へ。
IMG_7540_R_20191005230946b08.jpg

手打ち麺の生地。麺の細さを選べるのが特徴。
IMG_7541_R_20191005230948198.jpg

コシがある幅広麺をいただきました。
IMG_7543_R_20191005230949deb.jpg

土日の御徒町将棋センターは、常連客でいっぱい。私の顔見知りも多い。
IMG_7549_R_20191005231002d19.jpg


▲自分 二段×△相手 三段


戦型は、相手の中飛車に私に三間飛車で、相振り戦に。
拮抗していたが、76手目△7六歩が敗着だったようで形勢が傾く。
7筋を突いて守備の金を吊り上げ、銀3枚打ちで勝ち



御徒町駅前広場では、ラグビーW杯のパブリックビューイングが行われていました。
日本は今夜のサモア戦にも勝ち、3連勝でグループ首位に躍り出ました。祝!
IMG_7545_R.jpg

10月2日 野島崇宏先生指導会
この日の練習会は、野島崇宏先生にお越しいただき、指導会を行いました。
IMG_7523_R.jpg

多面指しでご指導いただきました。
IMG_7528_R_201910022344278e6.jpg

私の師匠である天野先生が優勝した、2014年の赤旗将棋名人戦。
天野先生の決勝の相手は、野島先生だったそうです。
IMG_7519_R_20191002234627e35.jpg

三段リーグ時代に、天野先生とも対局経験がある野島先生。
赤旗で対局したときの天野先生は、奨励会時代よりいきいきとされていて、
将棋を楽しまれていたとのことです。
IMG_7533_R_2019100300210174d.jpg



▲自分×△野島崇宏先生(角落ち)


野島先生に角落ちで教えていただきました。
56手目は▲5六金と上がって、中央を厚くした。
64手目は▲6三歩成がスピーディーで、勝着になった。
71手目△5八飛に対しては、▲6七銀なら飛車を捕まえることができたが、気づかなかった。
最終盤、▲4四香に△4三歩と打たせて、▲6四馬と金を剥がして、勝ち



小寺さんは、20年近く前から野島先生に教わっているそうです。
IMG_7525_R.jpg

大橋さんは駒落ちで勝利。
IMG_7531_R_201910022344140f7.jpg

和川さんも駒落ちで勝利。
IMG_7529_R_20191002234415f06.jpg

打ち上げは、有楽町の『立鮨葵』へ。
IMG_7536_R_20191002234523684.jpg

佐々木さんの握ったお寿司をいただきました。
IMG_7539_R_20191002234529b30.jpg
ねこまど将棋教室 石田流三間飛車入門講座
この日は四ツ谷のねこまど将棋教室を訪問した。
IMG_0949_R_201910012245099f2.jpg

みずたま先生による、『級位者のための楽しく覚える石田流三間飛車入門講座』
全4回のうち、この日は1回目で、急戦型(角交換型)の講義でした。
IMG_0951_R_20191001224510ef7.jpg


テキストも作りこんであり、充実している。
IMG_0953_R_201910012247346be.jpg




▲7七銀型~▲5五銀


この日の講座は、角交換型の石田流で、▲7七銀型における
・▲8六歩からの飛車ぶつけ
・▲5五銀と中央に使う方法

の2パターンの講義でした。

「級位者のための」というタイトルの講座でしたが、
「級位者でもわかるように丁寧に教えてくれる」と言う意味で、
講義の中身は本格的な石田流講座で、大変満足でした。

とくに、上記の棋譜のように、一歩持った場合の
振り飛車の攻め味の広がりは、大変勉強になりました。
▲9二歩、△同香、▲9一角からの8筋攻めは、
自分は知らなかったので、狙ってみたい。

10月8日、10月15日、10月29日(すべて火曜日)と、
あと3回あるそうなので、石田流を勉強したい方には、
級位者・有段者を問わず大変おすすめの講座です!

このねこまど将棋教室さんは、教室事業を始めて9年目になるようですが、
ノウハウをずいぶん蓄積されているようで、タメになる講座が増えており、
時間を見つけて通いたいです。