自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
8月19日 人形町子ども将棋教室
8月19日の人形町子ども将棋教室。13時の回は低学年、15時半の回は高学年の生徒さんが多い。
詰め将棋ミニ大会を実施しました。
IMG_1266_R_20170819203808fdf.jpg

小寺先生。
IMG_1260_R_20170819203812999.jpg

長尾先生。
IMG_1268_R_20170819203809e47.jpg

北野先生。
IMG_1269_R.jpg

打ち上げは水道橋の牛タン店『味太助』へ。
IMG_1272_R.jpg
スポンサーサイト
8月16日 将棋部練習会
8月16日の将棋部練習会。参加者は7名。
IMG_1247_R.jpg

田辺さん。
IMG_1255_R.jpg

福田さん。
IMG_1254_R.jpg

小池さん。
IMG_1256_R.jpg

渡辺さん。
IMG_1253_R.jpg

人形町から新橋まで歩いてきた小寺さん。
IMG_1251_R.jpg

練習会初参加の長尾さん。
IMG_1250_R.jpg

秋になったら、山手線1周ハイキングを実施することにしました。約39キロで、12時間超かかるとのこと。
現状の参加予定者は、私、奈良さん、相馬さん、福田さん、渡辺さんです。
他に参加してくれる方がいたら、ご参加ください。
photo.jpg

千駄ヶ谷戦記
お盆休み最終日。昼過ぎに千駄ヶ谷の将棋会館へ。
IMG_1239_R_2017081623525604a.jpg

この日は奨励会入会試験の開催日で、保護者の方が多かった。
IMG_1240_R_20170816235257900.jpg

▲自分 初段×△相手 二段


戦型は、私の先手石田流に、後手の向かい飛車となった。
45手目の▲6六飛は疑問手で、▲6八金と引くべきだった。
後手の48手目△7七角成は無理筋で、優勢に転じる。
▲6五歩から玉頭にアヤをつけ、角の利きを活かして、勝ち
8月15日 小寺会
お盆休み2日目。人形町の小寺邸に集まり、将棋を指した。
IMG_1233_R_20170816015544632.jpg

この日は王位戦予選・小林健二九段対藤井聡太四段戦の中継があり、盤に並べて観戦した。
IMG_1229_R_201708161235083aa.jpg


▲自分×△小寺さん


小寺さんの四間飛車、私の右四間穴熊の戦型指定で対局する。
先にと金を作られたが、49手目▲5五桂で両取りをかけ、形勢を戻す。
58手目に△6三銀打と打たれたが、▲7三角成と切って
再度▲5五桂を打ち、優勢に転じる。
長考の末、73手目▲9四桂から桂銀角と3回連続で捨て、▲7一龍と迫る。
83手目に単に▲7二龍と取った手が緩手で、▲9二金、△同玉と呼んでから、
▲7二龍と取り、△8二金に▲8一銀と迫るべきだった。
86手目の△5五角に対して打った▲6六銀が敗着で、
▲9二金打、△8四玉、▲8二金で、自玉は詰めろでなく、相手玉は受けなしだった。
最後は上部に脱出され、負け


打ち上げは、北野さんおススメの居酒屋『小伝馬』へ。
IMG_0782_R_2017081612393255d.jpg
千駄ヶ谷戦記
この日はお盆のため休暇。昼過ぎに千駄ヶ谷の将棋会館へ。
IMG_1223_R.jpg


▲自分 初段×△相手 初段


戦型は、私の後手三間飛車に、相手の居飛車急戦。
38手目の▲7七角は疑問手で、▲5七金と指すべきだった。
7筋は破られてしまったが、飛車を代償に2枚の銀を得る。
計4枚の金銀で居飛車玉を縛って、勝ち


▲自分 初段×△相手 初段


戦型は、相手の石田流に、私の中飛車左穴熊。
石田流本組みになったため、角の利きに銀を進めて飛車を圧迫する。
対局中は指しやすいと感じていたが、激指で分析すると終盤まで互角だった。
91手目は△9七桂成だったが、ここで△4一銀、▲3一飛成に
△7七角と打たれていたら、▲同桂、△9七桂成で劣勢だった。
92手目▲5二成銀以下詰みで、勝ち



▲自分 初段×△相手 初段


戦型は、相手の石田流に、私の中飛車左穴熊。
▲6八角と引いて、角の利きに右銀を進出させ、飛車角を抑え込む。
中盤は銀得になり優勢になるも、
77手目に△8二同馬と引き付けられ、難しくなってしまう。
80手目▲7五歩が悪手で、香を打たれて穴熊に取りつかれてしまう。
109手目は△8二金だったが、ここは△7二金であれば後続手がなく、劣勢だった。
清算して桂打ちから馬を抜いて、勝ち




昨日はプリンちゃんを連れて、門前仲町の深川八幡祭りへ。
IMG_1201_R_20170814192442396.jpg

お神輿に沿道から水をかけます。
IMG_1206_R_20170814192443283.jpg

参道には屋台も出ています。
IMG_1214_R_20170814192645b9e.jpg

焼き鳥を食べてご機嫌でした。
001_R_20170814192825af1.jpg
東竜門主催 夏の平手特別レッスン
この日は千駄ヶ谷のレンタルスペースさくらで、東竜門主催 夏の平手特別レッスンを受講した。
30分講義、60分指導対局で、平手で教えてもらえるという珍しい講座。
DHFzL-oUMAE9gSW_R.jpg


戸辺先生。
IMG_1180_R_201708131930406e2.jpg

近藤誠也先生。
002_R_201708131934570fc.jpg

高野智史先生。
001_R_201708131934584b8.jpg

私は戸辺先生に、石田流を教えていただいた。
IMG_1187_R_20170813195021ae5.jpg


▲自分(石田流)×△戸辺誠七段(居飛車銀冠)


戸辺先生による指導

・31手目。石田流は▲7七桂型と▲7九角型がある。どちらを選ぶかは好み。
 ▲7七角型は久保先生好みだが、指しこなすには力がいる。
 ▲7九角型でかまわないとのこと。
・37手目。ここでは居飛車の囲いが出来上がっているため、
 ▲8六歩から飛車交換を選ぶ順は難しいとのこと。
・47手目。この順は角銀交換で振り飛車駒損になるが、
 のちに歩を垂らせるのでこの順でいいそうです。
・57手目。ここで▲6三歩と垂らすのが重要なポイント。
 銀冠をと金で横から攻める。
・83手目。△2七馬と指されると振り飛車玉は詰むので、詰めろがかかっている。
 居飛車玉には即詰みはないので、▲3六桂と攻防に打つ手が詰めろ逃れの詰めろ。


石田流にとって難敵の銀冠だが、本日の指導で重要なポイントを教えていただいた。

戸辺先生、近藤先生、高野先生、ありがとうございました!
8月11日 小寺会
この日は、人形町の小寺邸で練習会に参加した。
IMG_1152_R.jpg

長尾さん。
IMG_1145_R_20170812003550f04.jpg

松本さん。
IMG_1144_R.jpg

佐々木さん。
IMG_1138_R_201708120036539c0.jpg

藤井四段Tシャツを着用の小寺さん。
IMG_1155_R.jpg

田中さん。
IMG_1153_R_2017081200383822d.jpg

坂本さん。
IMG_1156_R_20170812003948422.jpg

18時から、日本橋の居酒屋で打ち上げ。
IMG_1161_R_201708120039491da.jpg

2次会は麻雀へ。奈良さんが連勝でした。
IMG_1163_R.jpg

8月13日(日)下北沢夏祭り こども将棋名人戦 出場者募集!
こども将棋大会のご案内です。

8月13日(日)に、下北沢夏祭り こども将棋名人戦 が開催されます。

日時:8月13日(日)14時~ (13時から受付開始) 
会場:下北沢駅あずま通り商店街パチンコミナミ前
無題


・参加は無料です。
・小学校6年生以下の方が対象です。


ご参加いただける方は、

https://goo.gl/forms/DZ3A37vDmTP3OsUC3

からお申し込みください。

ご参加お待ちしております!
鈴木大介先生 指導会
この日の将棋部の練習会は、鈴木大介先生にお越しいただき、指導会を行いました。
IMG_1112_R_20170810011032ab3.jpg

鈴木先生には3面指しでご指導いただきました。
IMG_1129_R_201708100112159c9.jpg

20人くらい集まりました。
IMG_1123_R_20170810011212b68.jpg

渡辺さん。
IMG_1118_R.jpg

福田さん。
IMG_1117_R_2017081001111645c.jpg

小池さん。
IMG_1119_R_20170810011114ee2.jpg

相馬さん。
IMG_1116_R.jpg

秋浜さん。
IMG_1121_R_20170810011211baa.jpg

田村さん。
IMG_1125_R.jpg

打ち上げは、新橋の中華『西湖春』へ。
IMG_1134_R_20170810011953200.jpg


鈴木先生、ご指導ありがとうございました!
御徒町戦記
そろそろ企業もお盆休みに入る時期になった。
この日は台風が来ていたが、北陸方面に逸れ、関東の天気は荒れなかった。
19時過ぎに御徒町将棋センターへ。
IMG_1106_R_2017080822102865e.jpg


▲自分 二段×△相手 初段


戦型は相手の四間飛車に、私の右四間飛車。
11手目に△4五歩と突かれて、角を打ち合う乱戦に。
40手目に▲6一馬と切って、▲6三金に△6二飛と打たせる。
ここまでは優勢だったが、50手目▲6四金が緩手で、ここは▲6四飛と打つべきだった。
81手目は△9九角成だったが、ここで△2一金、▲同馬、
△2七龍の順であれば、上部に逃げられ難解だった。
2枚の桂打ちから詰みがあり、勝ち