自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
清水女流王将 × あから2010
情報処理学会50周年イベントである、
「清水女流王将対あから2010」の特別対局を観戦しに、会場の東大へ。
IMG_6186_R.jpg

大盤解説会場は、本郷キャンパスの工学部2号館。
IMG_6189_R.jpg

対局前に、米長会長から挨拶。右は佐藤9段、藤井9段、里見女流名人。
「東大の木は『イチヨ(銀杏)』。東大も応援してくれています。」の挨拶で、場内盛り上がる。
IMG_6191_R.jpg

メイン会場、サブ会場ともに満員で立ち見も出ている。集客面は、大成功。
10125.jpg

会場内には、対局の模様が投影されている。スピーカーからは、佐藤9段、藤井9段の解説が生中継。
藤井9段はお得意の自虐コメント連発で、観客を沸かせる。
佐藤9段「この△3三角は、王座戦第3局でありましたね?」
藤井9段「あ~、その手はねぇ~、よくないんですよ~」
IMG_6195_R.jpg

13時から、対局開始。

▲清水女流王将×△あから2010

86手目で、清水女流投了。

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
10121.jpg

激指が指摘する、疑問手・悪手は下記の通り。
驚いたことに、疑問手は全て清水女流で、あから2010は疑問手は一切ナシ。
・23手目の▲3七桂。▲9八香とここで穴熊を目指すべき。
・27手目の▲7七角。▲6六角と打つ。
・33手目の▲4六歩と角を追いに行った手が敗着。▲9九玉と穴に潜るべき。
・41手目の▲6一桂成と金を取った手。▲2四歩と先に突き捨てる。
 この▲2四歩は中川8段も推奨していた。
・67手目の▲7七銀。▲2九飛と金を追いに行く。
・81手目の▲5九金。▲5五角と角を取る。
・83手目の▲5七角。同じく▲5五角。
・85手目の▲6六銀打。▲8八銀打と8八に打つ。


対局後、観客に挨拶をする清水女流。「イチヨはたった一人で、よう頑張ったで!」
101112.jpg

対局を観戦し、筆者の感想は、

清水女流王将について
・プレッシャーの中、奇策(対コンピュータ用の戦術)を弄さず、堂々と戦ったのは立派。
・ラフな格好で指せばよいのに、関係者・ファンへの挨拶のため、正装の和服で対局。そのプロ意識。
・序盤から小刻みに時間を使い、終盤の大事なところで、持ち時間が無かった。これが敗因。
・早い段階で力戦型になり、定跡・経験の蓄積が役に立たない分、人間が不利だったか。
 あるいは、あえてコンピューターが力戦になりやすい△3三角を選んだのか?

あから2010について
・コンピュータは1手を数秒で指すのかと思っていたら、人間と同様に長考するときもあった。
 合議が紛糾していた模様。人間なら取る一手の時も、2~3分は必ず考えていた。
・コンピューターは、人間(解説の佐藤9段、藤井9段)が全く予想をしない手を指した。
 32手目の△4四角、36手目の△4五同桂、66手目の△5七角。
 その手に対し、「この手は疑問手ですね。これで清水優勢です」と解説陣は言うものの、
 よくよく検証すると疑問手ではなく、むしろ好手という手があった。
 ある部分では、トッププロ(佐藤・藤井)を越えて、いい手を指すと言うことの証左である。
・4つのプログラムの合議で指すという特性上、悪手を指さない。
 36手目には、ボナンザは△7七角成のぶった切り(悪手)を主張したが、
 YSSとGPSが△4五桂を主張、悪手を回避したそうだ。
・コンピューターは、駒得至上主義かと偏見を持っていたが、そうではなかった。
 36手目には△4五同桂と、桂をタダ捨てした。
 単純な駒の損得より、形勢を重視する大局観が優れていたのは驚き。

女流棋士について
・出雲から呼び寄せた里見女流名人は、相槌をうつだけで、全くしゃべれない。
・NHK杯の収録後に駆けつけた矢内女流が、18時頃に飛び入り参加。さすがに解説上手。

情報処理学会について
・観客も多く、メディアも多数来ていた。イベントとしては、成功だったと思う。
・情報処理(プログラム)という学術領域を、誰もが知っている将棋というゲームと対決させる、
 という企画性で、わかりやすく世間の耳目を集めることに成功。
・情報処理学会と東大は直接的な関係が無いはずだが、会場を東大にしたのも成功の理由のひとつ。
 東大絡みのネタは、メディアに露出しやすい。

清水女流王将、情報処理学会・連盟の皆さま、お疲れさまでした!
スポンサーサイト



コメント
コメント
このイベントに行かれてたんですね。
 こんばんは。
河野です。この対局はネットで調べ、さらりと見ました。
あからは序盤でも結構時間がかかってたんですね。意外です。清水女流も序盤でミスるといけないと思い、時間を使いすぎたようですね。それが敗因???
 ただ、序盤で角交換したのに▲5六歩を突いていたのはどうかと。明らかな作戦ミスを誘発してたようにも思いました。

 この対局を生で見れたのはうらやましいぞ~。

 では、また。
2010/10/12(火) 00:29:48 | URL | 河野水軍 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック