自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
12月6日 将棋部練習会
12月6日の将棋部練習会。参加者は10名。
IMG_1270_R_20171207000400fef.jpg

相馬さん。
IMG_1273_R_20171207000401017.jpg

渡邊さん。
IMG_1272_R_201712070004027cc.jpg

阿部君。
IMG_1280_R_2017120700040461e.jpg

福田さん。
IMG_1281_R_20171207000406e45.jpg

長島さん。
IMG_1282_R.jpg

田辺さん。
IMG_1283_R_20171207000506798.jpg

仲良し感想戦。
IMG_1277_R_20171207000731a6f.jpg

打ち上げは、新橋の居酒屋『酒 清水』へ。初訪問。串焼きと塩もつ鍋が美味でした。
IMG_1284_R_2017120700053583e.jpg

次週12月14日はプロの先生の指導会、再来週20日は新橋の中華料理店『點點心』で忘年会です。
スポンサーサイト
飛車と角の位置を入れ替えて、激指同士を戦わせてみた
激指は、盤面を編集して、COMに指し継がせることができる。

試しに、飛車と角の位置を入れ替えて、激指六段同士で対局させてみた。
単に対称形だから、通常の定跡を使うだろうか?
どうなることやら。

1局目 ▲激指(六段)×△激指(六段)


双方の飛車と角の位置を入れ替えると言うことは、
普通の将棋を左右逆にしただけであり、有利不利はない。普通の定跡も使えるはず。

しかし、定跡データベースを使えないようで、序盤から定跡を外れ、
相掛かり風の力戦形になった。

なぜか、角筋を開ける事は避け、相居飛車?なのに、船囲いに囲っていた。


2局目 ▲激指(六段+)×△激指(六段+)
歩のない将棋は、負け将棋
激指は、盤面を編集して、COMに指し継がせることができる。

試しに、歩をすべてなくして、激指六段同士で、対局をさせてみた。


▲激指(六段)×△激指(六段)


序盤の評価値は、手番を握っている先手が有利。
拾った香の打ち合いになる。
いつでも飛車は成れるのだが、単に飛車が成る手は価値が低いのか、指さない。

中盤は、先手が後手玉に馬と金で迫っていたが、寄せ切れず、馬金を捨てる暴発。

終盤は苦しくなった先手が、龍を立て続けに捨てるなど、不可解な挙動。
先手が投了し、94手で後手の勝ちに。

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20140121232422f26.jpg
野島道場 田村先生指導対局&昇段御祝い
この日は、野島道場の例会に参加した。会場は、江古田駅北口の居酒屋『若みや』
IMG_8815_R.jpg

今月の指導棋士は、先日七段に昇段した、田村康介先生。
IMG_8804_R.jpg

指導対局を受ける、森さん、今井さん、三宅さん。
IMG_8811_R.jpg

この日が誕生日で、ちょっぴりオトナになった田畑先生。
IMG_8807_R.jpg

北野さんも、野島道場に初参加。
IMG_8812_R.jpg

三宅さんの四間飛車に、急戦を仕掛ける森さん。
「穴熊ばかりではダメ。全ての駒を使うことが大切」とのこと。
IMG_8817_R.jpg

大盤では、王座戦挑決トーナメント(森内名人×中村六段戦)を並べていた。
戦型は相振り飛車になっていた。
IMG_8818_R.jpg

▲自分×△三宅さん


戦型は、三宅さんの四間飛車に、私の右四間飛車穴熊となった。
中盤やや不利だったが、74手目に▲6二香と打ち込み、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
06221.jpg
野島道場 飯塚先生指導対局
この日は、野島道場の例会に参加した。会場は、江古田駅北口の居酒屋『若みや』
_R004_20130525003131.jpg

たくさんの参加者で、盛況だった。
_R006_20130525003442.jpg

今月の講師は、飯塚祐紀七段。
_R005_20130525003509.jpg

▲自分×△飯塚祐紀七段(飛車落ち)


戦型は、私の巨泉流三間飛車。64手目に▲3五香と打ったため、
左翼の飛車と銀が取り残されたまま、玉頭戦になってしまう。
終盤、上手玉に寄りはなく、自玉は詰めろで、負け

感想戦での、飯塚先生の指導は下記の通り。
・飛車を活用しないと勝負にならない。34手目は▲7四歩で飛車を活用する。
・上手の突き捨ては、全部取ってよし。


激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
05251.jpg


小寺さん。
_R009_20130525003443.jpg

森さんによる、居飛車急戦講座。
_R011_20130525003625.jpg


かねてより私は、三間飛車側での居飛穴対策に悩んでおり、
小島君に相談したところ、いい対策を教わった。

▲振り飛車×△居飛穴


ポイントは下記の通り。
・コーヤン流や下町流は、指しこなすのは難しい。
・居飛穴には振り穴で対抗するのがオススメ。ゼットであり、自陣を見なくてすむ。
・振り穴にする前に、▲4六銀型を作る。穴熊完成後は▲3八飛と転回し、3筋を攻める。
 仕掛けの主導権が振り飛車側にもある。
・西川和宏四段著の『西川流 居飛車穴熊破り』に載っている。


この戦型であれば、堅さは互角であり、一方的にやられる
(終盤に速度の差が開く)ことはないだろう。
振り飛車側から攻めることができるのも、利点だ。勉強してみよう。