自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
藤倉勇気五段 指導対局
久々に千駄ヶ谷の連盟へ。
IMG_6561.jpg

この日の師範棋士の藤倉五段の指導対局を受けました。
IMG_7350.jpg

ほぼマンツーマンでみっちり教えていただきました。
IMG_7347.jpg



▲自分×△藤倉勇気五段(角落ち)


47手目△8六歩に対し、▲同歩と取ったが、ここは▲同角が有力とのこと。
66手目は▲8八飛と回ったが、不要な一手で、▲9四歩がよかった。
本譜の展開では、常に▲9四歩から9筋を攻めるのがよかったようだ。
大駒をさばかせてもらえず、中盤以降下手が苦しい展開で、負け
千駄ヶ谷戦記
夏休み中は将棋キッズが集まっているだろうと思い、
キッズ狩りをしに千駄ヶ谷の連盟道場を訪問した。
IMG_6407.jpg

この日は奨励会試験の開催日でした。
同日開催の三段リーグでは、岐阜で野島先生が指導されていた宮嶋健太三段が、
2局を残して四段昇段を決めたとのこと。おめでとうございます!!
IMG_6404.jpg

▲自分 三段×△相手(認定中)


認定中の女児と対局。
手合いカードには「24四段」とメモ書きがされており、不穏な雰囲気。

26手目▲4五銀と玉頭銀を進出させたが疑問手で、▲2八玉が最善だった。
急戦で飛車先を押さえ込まれ、いいところなく負け

対局相手は宮崎の宮日アマ女流王位で、将棋を始めて3年目の12歳でした。
わずか棋歴3年で将棋倶楽部24で四段とは相当です。
加瀬純一七段 指導対局
連盟道場へ。この日の師範棋士は、加瀬先生でした。
IMG_6051.jpg

3面指しで教えていただきました。
IMG_6050.jpg

▲自分×△加瀬純一 七段(角落ち)


下手は三間飛車。
角を3七に配して、44手目▲6五歩から、飛車のコビンを攻める展開になった。
先に飛車を取られたものの、5三に金を打って拠点を作る。
60手目は▲6五桂と先に桂を打ったが、▲7五歩と安い歩を打ち、
仮に△6四金ならそこで▲7五桂があった。
千駄ヶ谷戦記
この日はお盆のため、休業の将棋道場が多い。
千駄ヶ谷の連盟道場は営業していたため、棋友と訪問しました。
IMG_5778.jpg

東京の連盟道場初訪問の小寺さんは、
三段、四段、初段、三段に4連勝し、四段認定を獲得。
IMG_5780_20220815200349313.jpg

西山先生の新刊が出ていたので購入しました。
IMG_5785_202208152000093c1.jpg

打ち上げは、代々木の『ビストロひつじや』へ。
羊肉のたたきが美味で、ワインがボトル1,200円と驚異的に安かったです。
IMG_1972[1]

千駄ヶ谷戦記
千駄ヶ谷の将棋会館へ。
18時閉館のため、17時半以降の対局は15分切れ負けになるようです。
IMG_5738.jpg


▲自分 二段×△相手 初段



戦型は相振り飛車。
矢倉崩しの陣形に構えて、12手目▲6五歩から開戦した。
23手目△7七銀不成に対して▲6三飛成は正着だが、
その後の▲7四歩が疑問手で、▲6四歩と金の方を叩くべきだった。
39手目△2六桂から、△2七銀と立て続けに捨てられ、一気に崩される。
46手目▲7四桂が敗着手で、負け
ここは▲3八銀と逃がす必要があった。

対局相手は小学校高学年くらいの男児でしたが、要所で読みを入れる子でした。