自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
18時に、千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_8815_R_2017032012465075e.jpg

この日は奨励会の例会日だった。
IMG_8816_R_2017032012465259a.jpg



▲自分 初段&△相手 初段


戦型は、相手の石田流穴熊に、私の中飛車左穴熊で、相穴熊戦に。
窮屈な石田流の飛車を詰まそうと、右銀を繰り出す。
59手目に角を切られて、穴熊を裸にされるが、
石田流側の攻めを切らして、勝ち
スポンサーサイト
千駄ヶ谷戦記
昨日3月12日の、連盟道場での対局棋譜。
IMG_7458_R_201703132250195fc.jpg


▲自分 初段&△相手 初段


戦型は、相手の居飛車に、私の升田式石田流。
▲7七桂から▲9六角と打って、▲8五桂の跳ねを狙う。
30手目の△7四歩が敗着で、桂の成り捨てから飛車交換に成功。
61手目の▲6六角が王手飛車で、勝ち
千駄ヶ谷戦記
16時に、千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_8777_R_20170312192349438.jpg

この日は研修会や子どもスクールの開講日のため、お子さんや保護者の方が多い。
IMG_8776_R_20170312192347bc1.jpg


▲自分 初段&△相手 二段


戦型は、私の先手石田流に、後手の四間飛車で、相振り戦に。
石田流本組み+腰掛け銀から6筋の歩を切る、私が多用するパターンに。
中盤は、たがいに端を攻め合う展開。
62手目は△9二歩だったが、ここで△1二飛と回られていたら苦しかった。
97手目に▲4四飛と飛車を切って寄せを目指す。
119手目の▲3一金が詰めろで、勝ち



この日は、AbemaTVで、藤井四段の7番勝負がオンエアされていた。
無題_R

さすがの終盤力で一気に詰ませる藤井四段。強い。
002_R_201703122128022eb.jpg
千駄ヶ谷戦記
仕事帰りに、千駄ヶ谷の連盟道場へ。
師範棋士で来ていた加瀬先生にご挨拶。
IMG_8613_R.jpg

▲自分 初段&△相手 初段


戦型は、私の石田流に、相手の中飛車。
美濃囲い+石田流本組みの好形から、57手目に▲5三桂成と成り込み、やや有利に。
85手目の▲4七同金が悪手で、▲6一金と飛車を取って詰めろをかけるべきだった。
93手目も、あまり考えず当然のように▲3二飛と下してしまったが、
▲7一銀から11手詰めがあった。
最後の敗着は、97手目の▲5三角成。
ここは▲7二成桂、△同玉、▲5四角から詰みがあった。
98手目△6三金と成桂を外され、形勢逆転し、負け
感想戦で対局相手の小学生に、85手目▲4七同金に対して、
「自陣に手を入れ過ぎですネ」と鋭く指摘される。


連勝潰える。夜風が身に染みる。
IMG_8618_R.jpg
千駄ヶ谷戦記
朝のお散歩。春も近いようで、桜が咲いていた。
IMG_0531_R_20170226223819eee.jpg

11時に、千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_8563_R_201702262235045f6.jpg


▲自分&△相手


居飛車の先手に対し、私は三間飛車に。
40手目の▲5五歩で銀を詰ませ、有利に。
60手目は▲2二金と放り込むべきだった。
玉頭桂からと金を寄せて、勝ち



お昼は、加瀬教室に向かうため、本八幡へ。『魂麺』というラーメン店を訪問。
IMG_8587_R_20170226223506d10.jpg

受験を控えた家族連れの常連さんに、カツを載せたラーメンをサービスで出していた。
好感が持てる。
IMG_8585_R_20170226223507d88.jpg