自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
夜に千駄ヶ谷へ。
IMG_0494_R_20171113211916882.jpg

先日、指す将順位戦で対局したあきたく氏が、上京中で将棋会館に来ているとのことで、
たまたま手合いが付いて対局となった。


▲自分×△あきたく氏



戦型は、私の三間飛車に、あきたく氏の中飛車で、相振り戦に。
45手目の▲5三角成と、角を切って強行した手が疑問手で、形勢を損ねる。
74手目の△1七桂成に対して、取ったら詰みと思い、▲3九玉と逃げた手が敗着。
ここは▲1七同桂、△同馬にも、▲同玉、△2五桂、▲2六玉とかわすことができた。
87手目に香を打って思い出詰めろをかけるも、詰まされて、負け


対局後、秋浜さん、あきたく氏と、鳩森神社そばのアイスクリーム店『レティエ』へ。
先日のアド街ック天国でも、紹介されていたお店だ。
IMG_0499_R_20171113212416374.jpg

写真右が一番人気の、ハチミツと3種のナッツのミルクソフト。
アイスを買っていたら雨が降り出し、往生する。
IMG_0501_R_20171113212415aea.jpg

この日は私の誕生日だったので、プリンちゃんに祝ってもらう。
IMG_0504_R_20171113212815ba1.jpg

私が20歳ごろの写真が出てきたよ。痩せてる!
IMG_0512_R.jpg
スポンサーサイト
千駄ヶ谷戦記
14時頃に、千駄ヶ谷の将棋会館を訪問した。
11月は学校のイベントが多いからか、満席ではなかった。
IMG_0487_R_201711111830486d5.jpg



▲自分 二段×△相手 二段



戦型は、私の先手石田流に、相手の居飛車。26手目に△6五歩と仕掛けられる。
▲7七角と上がったが、ここは▲7七銀、△6六歩、▲同銀の方がよかった。
飛車角交換を経て馬を作るが、46手目△4一飛と自陣飛車を打たれ、撤退を余儀なくされる。
62手目△5五角に対し、△3六桂を甘受し▲7七歩と打ったが、
端を突かれて受けがなくなり、負け



明日11/12(日)は、木村先生のイベントが2つあります。

木村一基九段杯争奪将棋大会
時間  9時半受付 10時対局
会場 両国ステーション西ビル 3階会議室  
    東京都墨田区横網1-2-28


003_20170914112555361_20170914223912cd8.jpg

大会は事前予約制で、締め切り済ですが、
大会会場で木村先生、飯島先生、三枚堂先生、高野智史先生の指導対局があります。
こちらは会場で先着順で受け付けです。



木村一基九段昇段祝賀会
時間  17時受付 17時30分開会
会場 第一ホテル両国 5階 清澄

ホテル地図

祝賀会は立食パーティーです。
木村先生の目隠し席上対局や、
バトルロイヤル風間先生による来場者の方と木村先生の2ショット似顔絵執筆、
抽選会などを予定しています。

木村先生以外にも、プロ棋士の先生方が20人以上お越しになります。
ぜひこの機会にお話をされたり、お楽しみいただけたらと思います。
千駄ヶ谷戦記
夜に、千駄ヶ谷の将棋会館を訪問した。19時でももう暗い。
IMG_0463_R_20171109214413b94.jpg


▲自分 二段×△相手 二段



連盟道場では二段デビュー戦。
先手だったが、せっかくなので石田流ではなく、居飛車を指してみたところ、相居飛車戦に。
△4四歩型だったので、右四間から穴熊に囲った。
中盤銀が取られてしまったが、後手玉は居玉なので、玉形の差を衝いて攻勢に出る。
87手目▲3三角成と切って、次の▲4三金が詰めろ。
その後ぐちゃぐちゃになったが、何とか詰ませて、勝ち

当面は勝ち星にこだわる必要がなくなったので、レパートリーを増やしたい。
後手番での相居飛車を指せるようになりたい。
角換わりがいいだろうか?
大平武洋六段 指導対局
19時頃に、千駄ヶ谷の将棋会館へ。
IMG_0441_R_2017110620381690e.jpg

毎週月曜と木曜はゲスト棋士指導の日。この日の指導は、大平武洋六段。
先月の大平先生の指導も楽しみにしていたのだが、台風で中止になったので、改めて受講した。
IMG_0446_R_2017110620382006c.jpg


▲自分×△大平武洋六段(飛車落ち)


下手は三間飛車。14手目の▲3六歩は、私が常用する研究手で、
争点を作らせないよう、△3五歩を防いだ。
中盤、上手の金銀が左右に分かれたため、どこから手を付けるか思案。
駒落ちなので、どこかで攻勢に出ることを意識した。
38手目が仕掛けどころと見て7筋を突き、▲9七角と除いて、駒をさばく。
43手目△6五歩に対しては、▲同銀と捨て、△同銀に▲7二飛成と
飛車成りを急ぐ手もあったと感想戦で教えていただいた。
2枚の桂で上手玉頭を狙い、62手目▲7七歩が詰めろで、上手投了し勝ち
▲7七歩はカラい手なので、大平先生に嫌われてしまったかもしれぬ。


私は大平先生のファンなので、棋書は全部入手済。
来週発売される、「これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ」も楽しみです!
IMG_0445_R_201711062038195da.jpg
千駄ヶ谷戦記 二段昇段戦
この日は、午前中から神楽坂に散歩に出かけた。
IMG_0346_R_201711031716103fa.jpg

神楽坂には素敵なお店が多く、町の雰囲気もいい。
IMG_0343_R.jpg

商店街では、みんなで絵を描くイベントが開催されていました。
IMG_0368_R_20171103171755d50.jpg

プリンちゃんもご機嫌で、通りすがりの人にたくさんナデナデしてもらいました。
IMG_0348_R_20171103171714888.jpg

昼食は、『鳥茶屋 別邸』へ。
IMG_0352_R_201711031719229f1.jpg

うどんすきをいただきました。手打ちの太麺が美味でした。
IMG_0354_R_20171103171923f5e.jpg

その後、蔦に覆われたカフェ『ムギマル2』へ。
IMG_0356_R_2017110317200980f.jpg

不思議な感じの店内でした。
IMG_0358_R_20171103172010f33.jpg

名物である、手作りのお饅頭をいただきました。
IMG_0360_R.jpg

店内には猫ちゃんもいました。
IMG_0365_R_20171103172013d3c.jpg

14時過ぎに、千駄ヶ谷の将棋会館を訪問した。AbemaTVの収録で、
稲垣さん、草なぎさん、香取さんが来ており、道場前の駐車場は人だかりになっていた。
IMG_0370_R_20171103172242c9d.jpg

杉本四段の指導対局が人気で、お客さんがたくさん来ていました。
001_R_20171103172514d8b.jpg

9連勝の勝敗券を提出。
負けたらもう、後がない。
かつてないプレッシャーが、いけるいを襲う。
IMG_0233_R_201710282140055cc_201711032113472db.jpg


▲自分 初段×△相手 二段


戦型は、私の先手三間飛車で、相振り戦に。
端角から▲5三角成を見せ、後手を中飛車に限定させる。
囲いは私の金無双に、後手の美濃囲いとなった。
39手目の▲6五桂が軽率で、馬を作られ形勢を損ねてしまう。
50手目の△4四桂で馬筋がふさがったのを見て、角のタダ捨てから飛車成りを決行。
65手目に▲3五角と打ち、後手に合い駒を要求する。
王手の形で手番を渡さないよう、67手目は▲4四同龍と龍で取った。
角捨てで後手玉を釣り上げ、87手目▲4四角で詰み、勝ち

この対局に勝ち、昇段規定の10連勝を達成、二段昇段となった。
初段昇段が平成25年2月だったので、昇段に約4年半を要した。
IMG_1057_R.jpg

連盟道場では、昇段規定は辛めに設定されている。
将棋倶楽部24のレーティングで換算すると、
初段にはR1200、二段にはR1400くらい必要に感じた。
IMG_1058_R_2017110317582336a.jpg

昇段の賞品に、佐藤天彦名人揮毫入りの九谷焼湯呑みをいただいた。
IMG_0374_R_201711031740380d8.jpg