自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
御徒町戦記
将棋部のメンバーを誘って、御徒町将棋センターを訪問した。
IMG_3917_R.jpg

前回訪問時に3連勝だった田辺さんは、この日も3連勝し、通算6連勝。
IMG_3920_R_20180830234805433.jpg

技巧2を使って研究しているという長島さん。私も今度導入してみよう。
IMG_3921_R_20180830234905fa2.jpg


▲自分 二段×△相手 初段


戦型は、相手の居飛車に、私の向かい飛車。
居飛車玉が2三にいたので、銀冠に進展させ上部に厚くする。
48手目に▲4四歩が入り、振り飛車優勢に。歩の拠点を活かして、攻めを続ける。
72手目は▲1五歩と突いて詰めろだが、▲2一金と桂を拾ったほうがよかった。
106手目に▲2六桂と打って、勝ち



打ち上げは、田辺さん行きつけの『羊香味坊』へ。
食べログで3.59点と高評価店。羊肉のスペアリブが美味でした。
IMG_3923_R_20180830234907ca4.jpg
スポンサーサイト
御徒町戦記
この日の夜は降水確率60%だったが、降雨せず。
19時に御徒町将棋センターを訪問した。夜は常連のお客さんが多い。
IMG_3885_R_20180828222501be7.jpg


▲自分 二段×△相手 二段



戦型は、私の先手三間飛車に、後手の居飛穴。
対居飛穴の作戦である、トマホークを実戦で初めて投入してみる。
激指の解析では、31手目▲2五桂と跳ねた局面で、振り飛車有利に。
55手目は▲2五桂と打ったが、単に▲6一飛と下した方がシンプルでよかった。
最後は金を貼って受けなしで、勝ち

この戦型は頻出なので、指しこなせるようにしたい。
9月12日にマイナビから、佐藤和俊先生著の『三間飛車藤井システム』が発売されるので楽しみ。
61CIL.jpg
御徒町戦記
19時に御徒町へ。駅前の広場で盆踊りが行われていた。
IMG_3822_R_20180820223804357.jpg

御徒町将棋センターを訪問。
IMG_3825_R_20180820223801c67.jpg



▲自分 二段×△相手 三段


戦型は、私の先手石田流に、後手の居飛穴。穴熊に潜られる前に仕掛けた。
41手目の▲6五桂が悪手。ここは▲8五銀、△7五歩に▲8六飛と寄るべきだった。
飛車が詰まされ飛車損で劣勢。
成銀で根本の角を取って、駒割りを桂損とし、回復する。
58手目△3五歩が敗着で、△3一銀打として互角だったようだ。
72手目△4九龍で自玉に詰めろがかかるが、▲5一角成から寄せて、勝ち




席主さんと相談し、12月22日(土)に、第8回天野杯3vs3団体戦を、
御徒町将棋センター5階の会議室で開催しようと検討中。
定員は約100名。準備が整い次第募集を行いますので、ご参加いただける方はご予定ください。
御徒町戦記
来週から夏休みの企業が多い。18時過ぎに、御徒町将棋センターを訪問。
IMG_3679_R.jpg



▲自分 二段×△相手 初段



戦型は、相手の石田流穴熊に、私の中飛車左穴熊で相穴熊。
52手目の▲5七銀が悪手で、と金を量産されて劣勢に。
58手目の▲2三銀で両取りをかけつつ、飛車と角をと金包囲網から脱出させる。
82手目▲7五歩で反撃開始。龍と馬を切り、110手目▲6二金が詰めろで、勝ち
御徒町戦記
台風接近で、猛暑が急に冷え込んだ。御徒町将棋センターを訪問。
IMG_3672_R.jpg

平日夜は常連のお客さんが多く、談笑している。
IMG_3671_R.jpg


▲自分 二段×△相手 二段



戦型は、私の先手三間飛車に、後手の居飛穴。居飛穴は三間飛車の天敵で、ずいぶん分が悪い。
穴熊の金銀がくっつく前に戦いを起こすべく、積極策を採った。
27手目に▲9五角と出て、△9四飛と回らせる。
37手目に▲6二角成と切って、金を穴熊から遠ざけたのはよかったが、続く▲8三銀が疑問手。
ここは当然▲9五銀と打つべきだった。
拮抗していたが、56手目△7三歩で形勢が動く。
63手目▲8一馬で▲8二歩成を見せつつ、△3七桂と打たれる筋を防ぐ。
71手目▲4四桂から殺到し、勝ち