自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
新宿将棋センター 新春トーナメント
この日は、新宿将棋センターの新春トーナメントに参加した。
IMG_5349_R.jpg

大人の部16名、子どもの部16名。10時開場だが、10時前に並ばないと参加できない。
IMG_5358_R.jpg

川崎先生が優勝を目指します。
IMG_5354_R.jpg

稲垣さんも来てくれました。
IMG_5353_R_20190103231559a5f.jpg

優勝と準優勝の賞品。
IMG_5361_R.jpg


▲自分×△相手


持ち時間は10分30秒。
相手の居飛穴に、真部流を採用した。高美濃に組み、▲5五歩と切る。
45手目は▲6五歩がよかった。銀を進出させるのでは出足が遅かった。
48手目の△7二飛に対して、▲5四銀が敗着。
相手の飛車が動いたので、こちらも▲5八飛と回る必要があった。
角を切られ、△5五角と打たれて、負け


決勝は川崎先生と、元アマ名人・赤旗名人の長岡さんの対局となりました。
IMG_5366_R_20190103231707002.jpg

川崎先生は4連勝で優勝しました。
IMG_5369_R.jpg

歌舞伎町の韓国料理店『ハヌリ』で、ホルモン鍋をいただきました。
IMG_5370_R_20190103231857774.jpg

その後、中央線で移動し、将棋サロン荻窪へ。
IMG_5374_R.jpg

荻窪は常連さんが多く、家庭的で和やかな雰囲気。殺伐とはしていない。
IMG_5375_R.jpg

稲垣さんは荻窪は初訪問とのこと。
IMG_5373_R.jpg

川崎先生は現役奨励会員と連戦でした。
IMG_5372_R.jpg
スポンサーサイト
新宿戦記
新宿将棋センターを訪問した。
IMG_1877_R.jpg

中尾敏之五段の指導対局が行われていた。
IMG_1873_R_201802080050047ae.jpg


▲自分 二段×△相手 三段


例によって、態度・マナーがひどく悪いシニア男性と対局で閉口。
戦型は私の石田流に、相手の中飛車で相振りに。
25手目に▲4四飛と横角?を取ってみた。
31手目は▲5二馬と飛車を取ったが、▲7七角と上がるべきだった。
45手目の▲5六香は悪手で、▲7九香と打つべきだった。コビンを狙われ、危ない思いをする。
73手目の▲6六金で受けなしで、勝ち
新宿戦記
新宿将棋センターを訪問した。
IMG_1374_R_20171221221833ea0.jpg

シニアのお客さんを中心に、日中でもお客さんが多い。
IMG_1378_R_20171221221834f09.jpg


▲自分 二段×△相手 三段



対局相手は高齢のシニア男性。戦型は、私の石田流に、相手の袖飛車になった。
43手目▲6四角に、△7五銀を予想していたが、△7三銀だったため振り飛車優勢に。
67手目の▲2二飛は悪手で、▲8六角と打つべきだった。
この後手数がかかったが、駒を拾って、勝ち
中盤以降、はっきり勝勢になってから、相手の方が長考を連発し、正直閉口した。


川上猛七段の指導対局が行われていた。1局1,000円。
IMG_1381_R_20171221221835f2f.jpg


新宿戦記
新宿で所用があり、半年ぶりに新宿将棋センターを訪問。
IMG_0320_R_20171101231958d24.jpg

シニアのお客さんが多い。
IMG_0324_R_2017110123200038a.jpg


▲自分 二段×△相手 二段


戦型は、相手の先手中飛車に、私の三間飛車で、相振り飛車戦に。
途中で私が中飛車になったり、相三間飛車になったり、飛車が目まぐるしく動く。
角筋を避け、62手目に▲1八玉と寄った手が悪手で、端を攻められ劣勢に。
中央に垂らしたと金に命運を託し、飛車角を取られる間に、相手玉ににじり寄る。
自玉に詰めろがかかったが、118手目▲8二と以下即詰みで逆転し、勝ち

中尾敏之五段の指導対局が行われていた。
IMG_0325_R_20171101231957126.jpg
新宿戦記
およそ1年ぶりに、新宿将棋センターを訪問。
IMG_0463_R_2017062023185396d.jpg

シニアのお客さんが多い。
IMG_0468_R_20170620231854496.jpg


▲自分 二段×△相手 初段


相手の居飛車に、後手三間飛車を採用。
居飛車は居玉のまま、角交換を迫り、力戦に。
18手目▲6六飛は悪手で、▲6九飛と引くべきだった。
玉頭にと金を据えて、居飛車の攻めをしのいで、勝ち