自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
お盆休み
世の中的にお盆休みであるが、私は残留。娘ちゃんは飛行機で奥さんの実家へ。
thumbnail_IMG20220813085329.jpg

ご実家は大家族なので、みんなに遊んでもらえるようです。
thumbnail_IMG20220813171250.jpg



東京は台風襲来のため、自宅にこもっていました。
将棋倶楽部24でのレーティング対局。

▲相手×△自分


相手の先手四間飛車に、後手番の私は右四間飛車elmo囲いを採用してみた。
38手目△7六歩は疑問手で、△6五歩、▲同歩、△6六歩の順が最善だった。
駒割りは私の角得だが、53手目▲8二飛と下ろされ、猶予がならない状況。
54手目△8九とで桂を拾った手は最善手だった。
56手目△3六桂に▲1八玉と逃げたため、頓死筋が発生し、勝ち
社団戦 戦況分析
月末の社団戦に向けて、将棋倶楽部24でレーティング対局。

▲相手×△自分


戦型は私の三間飛車に、相手の袖飛車。
三間飛車にとっては、袖飛車はさして脅威ではなく感じる。
69手目▲6九金直が敗着だったようで、後手有利に。
92手目△8五金と上部を縛って、勝ち

今年の社団戦は初日を終え、私が所属する天野チルドレン5は0勝4敗で最下位に沈んだ。
6部リーグは、20チーム出場の内、4戦全勝が6チーム、全敗が5チームと二極分化の様相。
天チル5が初日に敗れた4チームとも、全勝で上位になっている。
上位の6チームの内4チームとは対局済みであり、もう当たらないのだ。

無題

銀冠に石田流で強襲
久々に将棋倶楽部24でネット将棋を指しました。



▲自分×△相手


後手の居飛車銀冠がくっつく前に、石田流で強襲した。
51手目▲3四飛は逸機で、角を換えて▲2三角と打てば優勢だった。
72手目△4五銀と打たれ、馬飛両取りをかけられたが、
飛車から切るのが正解で、75手目▲4五同馬が相手玉への詰めろになっており、勝ち


12月12日(日)に、恒例の天野杯3vs3団体戦を実施予定です。
準備が整った時点で、参加チームの募集を行います。
居飛穴に端桂
将棋倶楽部24でのレーティング対局。




プロの振り飛車党でも、早めの端歩で打診している手をよく見る。
居飛車が端を受けずに居飛穴にしたため、端桂作戦を採用してみた。
84手目△5五角は疑問手で、△5五銀がよかった。
居飛車の97手目▲9四銀が敗着で、逆転し、勝ち

緊急事態宣言で店舗も閉まっており、外食の機会もなくなってしまった。
家でお肉を焼いたら、めっちゃ食べたそうにしています。
IMG_3996.jpg

お気に入りの釣り竿で遊びます。
elmo囲いに玉頭銀
最近増えている居飛車のelmo囲いに対して、
三間飛車に玉頭銀を組み合わせる作戦を採用している。

▲三間飛車×△elmo囲い


elmo囲い側は、2三の地点に玉しか利きがないため、
銀に加えて、何らかの線駒(飛車か角)の利きを足せば、銀の成り込みが約束される。
研究重ねて、「elmo囲い破りの新常識 最強△7六銀型」を執筆したいので、識者の見解が知りたい。



それはそうと、後手番でのレパートリーを増やすべく、
古森先生が上梓された「角交換四間飛車の新常識 最強△3三角型」を購入しに
書店に寄ったが、閉店になっていた。。。
978-4-8399-6998-1.jpg