自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
荻窪戦記
14時頃に、将棋サロン荻窪を訪問した。
IMG_9266_R_2017042322004514f_201902161819129bc.jpg

ほぼ満席だった。前回来訪時に三段に昇段したため、この日は
朝日アマ代表の五段氏、小学生大会優勝の四段研修会員と対局になり、壊滅しました。
IMG_5729_R_2019021618192735e.jpg

▲自分 三段×△相手 四段


戦型は、私の石田流本組みに、相手の銀冠。
銀冠が浮いた瞬間に、65手目▲6五歩と突いて、飛車交換に。
59手目に▲5一銀と打った手が重く、敗着。
ここは▲6一龍と寄って、次に▲5二桂成を見せるべきだった。
その後は全くノーチャンスで、負け
スポンサーサイト
荻窪戦記 三段昇段戦
午後に将棋サロン荻窪を訪問。
IMG_5447_R_20190120194250787.jpg


▲自分 二段×△相手 三段


戦型は、私の石田流に相手の棒金。
棒金を引き付けて27手目▲6五歩で角交換。
35手目の▲3四飛は疑問手で、▲4六角が最善だった。
飛車を切って馬を作ったものの、攻め駒が少なく劣勢。
80手目は△5四玉でなく、△4二銀打だったら負けだった。
83手目に▲5六銀と上がり、▲5五馬で王手飛車がかかり逆転。
94手目△2四香は自玉への詰めろだが、何とか詰ませて、勝ち


2011年1月の初訪問以来、苦節7年2か月をかけて三段に昇段した。
IMG_5453_R.jpg
荻窪戦記
昨日訪問した将棋サロン荻窪での対局棋譜。
IMG_5375_R_2019010417102656f.jpg


▲自分 二段×△相手 二段



戦型は、相手の四間飛車に私の右四間穴熊。
33手目△6五桂を▲同銀と換え、飛車を換えてから
44手目▲5五桂と打って、振り飛車陣を薄くする。
51手目△6四銀打に対しては、▲同角と切った。
横からの攻めは諦め、78手目▲7三銀と上から押さえて、勝ち


席主の新井さんより、年賀の粗品としてネーム入りボールペンをいただきました。
IMG_5379_R_2019010423524000b.jpg

荻窪戦記
3連休最終日。この日は荻窪へ。
IMG_5281_R.jpg

昼過ぎに将棋サロン荻窪を訪問した。
IMG_5277_R.jpg

奨励会3級の中学生に、ボコボコにされました。
IMG_5280_R_20181224192802acc.jpg



▲自分 二段×△相手 三段


三段の小学生と対局。私の先手石田流に、相手の袖飛車となった。
35手目に▲7四飛と切って、▲6三銀と打ち込み有利に。
57手目は▲4二ととしたが、▲4二角成が正解だった。
67手目の▲3六歩は悪手で、先に▲4四とと指しておくべきだった。
72手目△4九龍で自玉に詰めろがかかり、相手を詰まさなければ負けという状況に。
▲3四とと捨てて詰み、勝ち


本間先生著の『実戦詰め筋事典』を購入して帰宅。
余詰あり、駒余りありなので、実戦頻出形であるそうです。
IMG_5282_R.jpg
荻窪戦記
将棋部のメンバーと一緒に、昼過ぎに将棋サロン荻窪を訪問した。
IMG_3106_R_2018060918261902d.jpg

事前に腹ごしらえ。行きたかった荻窪のカレーの名店2店は行列だったため、
函館塩ラーメン『五稜郭』へ。
IMG_3103_R_20180609182620ee1.jpg

淡麗スープで美味でした。
IMG_3105_R_201806091827586cf.jpg

優勝すると賞金が出るトーナメント戦に参加しました。
IMG_3111_R.jpg

初戦で女流プロ棋士とあたり、惨敗。
DfOPBoaUwAExj7g_R.jpg

田辺さんと長島さん。荻窪の子どもは強い上にマナーもよく、勉強になります。
IMG_3109_R_2018060918302639b.jpg


▲自分 二段×△相手 三段


相居飛車戦に習熟すべく、この日も居飛車を採用した。
相手は三段の子どもで、戦型は後手の一手損角換わりになった。
後手が早繰り銀を採用したため、先手の私は腰掛け銀で防戦。
29手目は▲7六同銀と取ればよかったが、読み間違えをしたのか▲6六銀と出てしまう。
後ほどこの歩の排除を目指して銀を派遣したところ、後手を引いてしまう。
64手目に△8七角の打ち込みを食らい、負け