自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
福岡将棋会館
この週末は、福岡に遠征した。
午前中は小雪が降っており、東京より寒い。
IMG_8414_R.jpg

西鉄天神大牟田線に乗って、春日原駅へ。
IMG_8440_R.jpg

春日原駅から8分ほど歩いたところに、福岡将棋会館はありました。
IMG_8445_R.jpg

中は学習塾のようで、指導棋士の先生が子どもに教えていました。
生徒さんが元気すぎて、先生が注意していました(笑)。
IMG_8450_R.jpg

プロ棋士の揮毫が、たくさん飾ってあります。
IMG_8453_R.jpg

西郷どんは、別の県だったかと思います。
IMG_8454_R_20170213005053360.jpg

生徒さんは、ずいぶん活躍しているようです。福岡から2人目の名人も出るかも?
IMG_8456_R_201702130053523c8.jpg

将棋教室の講師の方と、対局させていただいた。

▲自分&△相手


戦型は、私の石田流に、後手の居飛穴。
穴熊が固まり切る前の25手目に、▲6五歩で角交換を迫る。
二歩突き捨てからの▲4一角打ちの構想は悪くなく、先に馬を作る。
敗着は47手目で、本来は▲7八歩と打つべきところを、なぜか▲8八歩と打ってしまい、
2枚換えになり、負け
石田流での穴熊攻略が課題である。



天神に戻り、『楽天地』というお店でもつ鍋をいただきました。
1人前980円ですが、ニラが山盛りです。もつが新鮮だからか、強火で2分ほど煮て、
すぐに食べるのだそうです。東京よりかなり美味でした。
IMG_8459_R_2017021300535310e.jpg

中洲の屋台は、どこも混んでいました。
IMG_8410_R.jpg

メニューは、豚骨ラーメンとおでんがメインです。
IMG_8412_R_20170213005956ae8.jpg

2日間の滞在で、将棋とグルメを堪能しました。福岡の皆さん、お世話になりました!
IMG_8419_R_2017021301052111b.jpg
スポンサーサイト
柏戦記
この日は、柏に遠征。
IMG_7820_R.jpg

柏将棋センターを訪問した。
IMG_7821_R_20170102200705ba8.jpg

元旦はお休みで、今日から営業であるそうです。
IMG_7822_R.jpg

石田先生の揮毫色紙。
IMG_7824_R_20170102200735bc7.jpg


▲自分 二段&△相手 二段


低学年の二段の子と対局。
戦型は、私の先手石田流穴熊に対し、相手の矢倉引き角棒銀。
42手目に8筋にと金を作られ、劣勢。
穴熊の堅さを恃みに、45手目に▲7三飛成と飛車を切る。
68手目が分かれ目で、△5七となら互角。
本譜は△1四歩だったので、ここで逆転した。
カナ駒で居飛車玉を包囲し、勝ち


日中は、幕張のアウトレットモールに行った。
買い物中に、つないでいたプリンちゃんが脱走したようで、見当たらない。
近所で見ていた人によると、すぐに捕まったようで、お客様センターに届けられていた。
171596_mop1_R.jpg
八王子戦記
昨日11月12日の、八王子将棋クラブでの対局棋譜。
IMG_7200_R.jpg

▲自分 二段×△相手 二段


戦型は、相手の右四間飛車に、私の右四間穴熊。
振り飛車側が持久戦の構えなので、42手目に▲4五歩で決戦を挑む。
50手目は、穴熊の堅さを恃みに▲5五角と切ったが、
無難に▲6八角も有力だった。
9五の地点に桂を打たれ、角筋を利かされ穴熊を崩される。
私の敗着は、84手目の▲7八金寄。ここは▲8七同金と取らなければならなかった。
89手目に△6六角と押し売りされ、▲同金では詰まされてしまう。
相手の持ち駒が多く、自玉に詰み筋があったが、96手目に▲9五金と桂をむしる。
111手目の△6六飛が相手の敗着で、ここは△7六金から自玉に詰みがあった。
きわどく逃げて、勝ち



この八王子将棋クラブには、女性のお客さんが多かった。
八将会というチームで、女子アマの団体戦の強豪チームであるとのこと。
IMG_7201_R_20161113005014fb5.jpg
南行徳将棋道場を訪問
3連休最終日。小寺さん、佐々木さんと浦安駅で待ち合わせ。駅前のうなぎ店『朝川』へ。
IMG_5673_R.jpg

関東風の柔らかいうなぎでした。
IMG_5672_R.jpg

その後、南行徳将棋道場を訪問。
IMG_5675_R_2016071822511223b.jpg

私は、この道場への訪問は3年ぶりです。
IMG_5674_R.jpg

常連さんで賑わっていました。
IMG_5677_R.jpg

天チルの守屋さんはこの南行徳がホームで、四段認定です。
IMG_5676_R.jpg

14時からのトーナメント戦に参加。私は2連勝したのち、八段(!)に駒落ちで敗れました。
IMG_5678_R.jpg

久しぶりに小説を読みました。TUGBOAT社長の岡康道氏著『夏の果て』
岡氏の半生と、1990年代の広告業界が舞台です。90年代は佐々木宏氏、
佐藤雅彦氏、岡康道氏、多田琢氏と、広告制作が華やかだった時代です。
IMG_5679_R.jpg
北千住戦記
この日は、午前中はワンコの散歩。勝どき→月島→佃のコースを往復し、1.5hで約8,000歩を歩く。
午後から人形町の小寺邸へ。
IMG_5220_R_2016061921124497a.jpg

小寺さん、佐々木さんの3人で、北千住へ移動し、北千住東口将棋クラブへ。
IMG_5222_R.jpg

15人くらいでトーナメント戦が行われていた。
IMG_5229_R.jpg

▲自分×△相手


戦型は、私の石田流本組み。35手目に▲6五歩と仕掛ける。
47手目に▲7九飛と逃げたのが弱気で、▲6四歩から攻め合うべきだった。
57手目に▲6四同飛と切ったら、△3六桂と鬼手が飛んでくる。
▲同歩には△5五角で王手飛車なので、ビビって▲1八玉と逃げた手が敗着。
切った飛車なので、王手飛車を恐れず▲3六同歩だった。
端を詰められ、負け

激指による棋譜解析結果。
001_201606192145100de.jpg




小寺さんは2回戦で、強豪・狼谷氏に敗れる。
IMG_5225_R_20160619211418fbb.jpg

佐々木さんも2回戦で敗退。
IMG_5228_R.jpg

北千住駅東口に屹立する東京電機大。
IMG_5230_R.jpg

打ち上げは、北千住駅西口の青森料理店『ごっつり』へ。鯖の燻製が美味でした。
IMG_5232_R.jpg