自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
はじめての角換わり
振り飛車ばかり指していては、芸風が広がらない。
後手番での対居飛車戦用に、遠山先生オススメの角換わりを指してみることにしました。


△自分 二段×▲相手 二段


私は後手番。
3手目▲2六歩に対し、△3二金と指さずに、すぐに角を換えて戦型を角換わりに固定させた。
その後、腰掛け銀から同型に組みあがった。
36手目に△6五銀と出て開戦。
△8五歩を保留していたため、△8五桂と跳ねることができ、9筋を破ってと金を作ることに成功。
54手目の△6五銀は疑問手で、▲6四飛と回られ、両取りを食らう。
71手目▲7二銀は飛車金両取りだが、この手が相手の敗着だったようで、
2手スキになる▲7二角が最善だったようだ。
72手目の△2六角が勝着となり、勝ち


しばらく時間をかけて、角換わりの棋書を読み込んでみたい。
IMG_3036_R_20180524232654404.jpg


初めて指してみた感触としては、
・特定局面への誘導率は高そう。
・そんなに手損や一手の違いが大きくなさそう。遠山先生も気にするなとおっしゃっていた。
・先手の作戦は、腰掛け銀、早繰り銀、棒銀があるようなので、全部覚えたい。
スポンサーサイト



オギー式筋違い角の極意
将棋ウォーズで観戦した、オギーの対局棋譜。
オギーは筋違い角の使い手で、鮮やかな寄せを見せていた。
IMG_4107_R_20141231120832672_201504032325417d9.jpg


▲オギー×△相手


戦型は、オギーの筋違い角に、相手の居飛車。矢倉の居飛車に対し、
オギーは角を引いて四間飛車から、地下鉄飛車に変化し、玉頭攻めを敢行する。
65手目の▲2四歩ですでにオギー良し。
68手目の△2三歩が敗着で、銀と飛車を立て続けに切って、
▲3三歩成の開き王手で詰み。お見事。

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20150403231851ece.jpg
オギー、将棋ウォーズでデイリー1位(弾丸)に
大晦日である12/31は、不眠不休で将棋ウォーズを指し、勝ち数(弾丸)で全国1位を狙うというオギー。
IMG_4107_R_20141231120832672.jpg


12時時点での成績
深夜3時のスタートダッシュが効き、71勝17敗で、2位に大きく差をつけて、1位。
3時から12時までの9時間で、88局対局している。およそ1時間に10局ペース。
001_20141231120450a58.jpg

13時時点での成績
サボらず指していた模様。5連勝で、76勝17敗に。
003_20141231130236a21.jpg

18時時点での成績
開始から15時間が経過した。110勝27敗で、ダントツの首位に。
1時間に約9局消化のペースで進んでいる。
004_20141231181702d78.jpg

20時時点での成績
開始から17時間が経過。117勝32敗で、やや勝率が落ちる。
2時間前に2位の人は、対局していない模様。
005_20141231200101b7b.jpg

21時時点での成績
18時間が経過で、125勝32敗。この1時間は8連勝だったようだ。
006_20141231210341191.jpg

22時時点での成績
19時間連続で指し、130勝34敗。
もはや暴走機関車と化したオギーを、誰も止めることはできない。
007_20141231215902daf.jpg

23時時点での成績
ついに20時間到達し、135勝37敗。1時間8~9局ペースを保っている。
001_20141231230754279.jpg

森下九段も、粘りに粘って、評価値をプラスに戻している。
005_R_20141231234904cc3.jpg

0時時点での成績
0時を迎え、ついに年が明ける。141勝39敗。もう1位は堅い。どこまで勝ち星を伸ばせるか。
008_2015010100023606d.jpg

ツツカナは有効手がなくなり、ついに森下九段優勢へ。
006_R_20150101002552d3b.jpg

0時30分時点での成績
およそ21時間半かけて、将棋を指し続けたオギーであったが、体力の限界に達する。
143勝42敗で、打ち止めに。
009_20150101005043eb9.jpg

一方の森下九段。朝10時に対局を開始し、15時間目。終盤を優勢で迎えている。
006_R_20150101004833f3a.jpg

25時、自宅に戻っていた佐藤康光九段も、応援に駆けつける。終局近し。
004_R_201501010109165ce.jpg

時刻は27時を回ったが、まだ終わる気配がない。
006_R_20150101030909e39.jpg
相筋違い角で敗れる
深夜に、将棋ウォーズで対局。10分切れ負け。

△自分×▲相手


戦型は、先手の相手の筋違い角に、私も筋違い角を打ち返し、相筋違い角に。
結果的に、私が矢倉、相手が美濃囲いに納まった。
72手目の△5九龍が敗着で、最善手は駒を足す△8六角だった。
2枚飛車に追われて、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
003_20141011011230e8e.jpg


ワンコのお散歩。落ちている葉っぱなどをすぐくわえてしまうので、注意する。
image1.jpg

横断歩道を渡る。
IMG_1932.jpg

通りすがりのおじさんにナデナデされ、大喜び。
image3.jpg
一手損角換わりレグスペ
最近仕事が遅いので、御徒町将棋センターに行けない。残念。

将棋ウォーズで対局。10分切れ負け。

▲自分×△相手


相手の2手目は△8四歩。3手目に▲6八飛と回り、
戦型は、一手損角換わりレグスペになった(この作戦が成立するかは検証が必要)。
飛車を喪失したものの、相手陣を削って優勢になるが、
秒に終われて悪手を連発。何度か好機を逃し、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20141004010955d07.jpg

夜に、ワンコを連れて、隅田川沿いを散歩。
IMG_1786.jpg

築地市場の対岸は、夜景が綺麗だ。この土日は、
小寺さんたちの相手をせねばならないので、ワンコと遊べずに残念。
IMG_1783.jpg