自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
5月26日 加瀬教室
この日は本八幡の加瀬教室を訪問した。
IMG_1554_R_20190526225300c2d.jpg

講師は加瀬一門の戸辺先生。
IMG_1566_R_20190526225344f3f.jpg

奨励会三段の岡部怜央先生。山形出身
IMG_1576_R_20190526225346bfe.jpg

加瀬先生。
IMG_1577_R_2019052622542979b.jpg


▲自分×△戸辺誠七段(飛車落ち)


下手の作戦は三間飛車。
例によって高美濃で上部を厚くしたが、
49手目△4六歩とくさびを打たれて、すっかり押さえ込まれてしまう。
71手目△6七銀の飛車取りに対して、▲9七角と勝負手。
飛車を犠牲に▲5三歩成を通す。
終盤緩めていただき、馬と角で追って詰み、勝ち

感想戦で、下手の指し方についてアドバイスをいただいた。
・本譜のように上部を厚くする形は、どうしても上部を狙われてしまう。
・平手の相振り戦の時、そういう陣形にはしないですよね?
 低い陣形で、石田流の軽い形を作った方が下手面白いのでは?


たしかに、駒落ち指導対局だけで指す形にするより、
平手戦で自身がよく指す戦型にした方が、身になると感じる。


吉村さんも来ていました。
IMG_1560_R_201905262254438b9.jpg

本八幡の居酒屋『上喜源』で打ち上げ。
戸辺先生に平手の戦型選択について、アドバイスをいただきました。
「石田流、ゴキゲン中飛車、先手中飛車の3つを指せ」
「超速には△4四銀型で対抗すべし」

これまで中飛車は指さなかったが、戸辺先生の本を読んで練習したいと思います。
IMG_1581_R_20190526225500638.jpg
スポンサーサイト
4月20日 加瀬教室
この日は本八幡の加瀬教室を訪問した。講師は順位戦でB級2組に昇級した近藤誠也先生。
IMG_0554_R_2019042023080199d.jpg

もう一人の講師は、同じく順位戦で昇級した石井健太郎先生。
IMG_0581_R_2019042023080261e.jpg

石井先生は地元市川出身。
定跡伝道師・所司先生の薫陶を受けているだけに、指し手の良し悪しだけでなく、
局面での考え方を言語化して説明してくれる、教え上手な先生でした。
IMG_0565_R.jpg


▲自分×△石井健太郎五段(飛車落ち)


手合いは飛車落ちで、下手三間飛車を採用。木村メソッドに基づき、上手に位を取らせない。
47手目△4二玉で、上手の駒組みは飽和に達した模様。
駒組みを整え、最もいいタイミングである50手目に▲8五歩から開戦した。
78手目に▲4八金と引いたのは疑問手で、▲4七歩と打って受けるべきだった。
86手目に▲3四金と据えて、次に▲2三角を狙う。
100手目に▲4六馬と引いた手は悪手で、ここは▲2二銀と捨てて、
△同玉に▲3四馬と迫るべきだった。
仕切り直しでもう1回同じ形を作ってもらい、116手目に▲2二銀に気づき、勝ち



菅原さんが抽選に当たり、揮毫色紙を獲得。
IMG_0587_R_20190420230850b11.jpg

指導会終了後は打ち上げ。
IMG_0603_R_20190420230945fdf.jpg

先生に花束贈呈。
IMG_0597_R_201904202309462d4.jpg
3月31日 加瀬教室
桜は今週末が見ごろ。
IMG_4617_R_201903312302458af.jpg

プリンちゃんと築地川公園でお花見をしました。
IMG_4611_R.jpg

いつも鳩を追いかけます。
IMG_4616_R_201903312302571ce.jpg

午後から本八幡の加瀬教室へ。この日の講師はA級に昇級した木村一基先生。
IMG_4621_R.jpg

木村先生のファンが集まり、お祝いムード。
IMG_4631_R_201903312305197e8.jpg

上手に位を取らせない、木村メソッドを採用した。
IMG_4624_R_20190331230434b46.jpg


▲自分×△木村一基九段(飛車落ち)


手合い飛車落ち。下手は三間飛車を採用した。
駒組みを完成させ、40手目▲7五歩で開戦した。
43手目△8五歩の突き捨てが上手の趣向で、8筋に歩を垂らさせるキズが残ってしまった。
62手目▲4五桂の跳ね捨ての非常手段で角を逃がす。
69手目△7三同金に対し、すぐに▲同銀と取らず、先に▲8三角と打った手が勝着になった。
一間龍を見せつつ、最後に馬を引いて勝ち

感想戦で教えていただきました。
「▲8六歩と突く形は、△8五歩の突き捨てから8筋の垂らしを見せられる。
 この筋は平手の相振り戦でも出てくるので、覚えておくように。
 安全に組むなら▲8六歩と突かない。その場合は8筋から上手の金に進出されないように注意。
 ▲7九角から飛車先の歩を換えて、▲5七角と転回する。」

 

もう一人の講師は奨励会三段の岡部怜央先生。
2011年の小学生名人戦で準優勝。山形出身で19歳の先生です。
IMG_4632_R_2019033123062202a.jpg



▲自分×△岡部怜央三段(飛香落ち)


2局目は手合いを変えて、飛香落ちに。野獣流定跡で1筋を強襲した。
26手目▲2二龍で、飛車と角桂の2枚替えに。
30手目は▲5三桂成と先に成り捨てたが、ここでは▲7五桂と重ね打つ手もあった。
32手目▲3一角に対して、両取りを防ぐには△5二飛しかない。
角を切り、36手目▲4三金で飛車銀両取りに。
下手駒得だが、44手目▲5四金が疑問手で、▲4三金とかわすべきだった。
45手目△3五角から馬を作られ紛れてしまう。
65手目△2八成香に対し、下手玉は詰めろでないと判断し、▲5三銀と打って上手玉に詰めろ。
77手目△6二銀に対し、ノータイムで▲4四馬と引いたが悪手で、
ここで▲8四桂以下、上手玉に詰みがあった。
最後に▲8四桂に気づいて、勝ち
本譜で採用した泉正樹七段考案の野獣流飛香落ち定跡は、
20年前の平成11年将棋世界10月号付録掲載で、まだ岡部三段が生まれる前とのことでした。


打ち上げは、木村先生の順位戦昇級祝賀会に。
IMG_4644_R.jpg

お祝いの花束を贈呈。A級でのご活躍が楽しみです!
IMG_4651_R.jpg
3月17日 加瀬教室
この日は本八幡の加瀬教室を訪問した。講師は佐藤和俊先生と一瀬先生。
IMG_4589_R_201903172322337ac.jpg

先日の順位戦で、C級1組に昇級した和俊先生。
IMG_4595_R_201903172322353a8.jpg

一瀬先生。
IMG_4592_R_20190317232333dc3.jpg

加瀬教室は講師2人体制。1日2局教えていただけます。
IMG_4594_R_201903172326171e8.jpg

吉村さんと菅原さんも来ていました。
IMG_4586_R_201903172323525ec.jpg

打ち上げは、和俊先生のお祝い会に。
IMG_4602_R_201903172324559dd.jpg

和俊先生、おめでとうございます!
IMG_4606_R_20190317232513c63.jpg
1月13日 加瀬教室
3連休2日目。この日は本八幡の加瀬教室を訪問した。講師は加瀬先生と遠山先生。
IMG_4231_R_20190113231939cb4.jpg

遠山先生。
IMG_4259_R_20190114001219553.jpg

吉村さんも来ていました。
IMG_4229_R_2019011323194169e.jpg


▲自分×△遠山雄亮六段(飛香落ち)


手合いは飛香落ち。
泉正樹八段考案の、野獣流飛香落ち定跡で1筋を強襲した。
36手目は▲5四馬と金に当てたが、▲5三桂成の方がまさった。
52手目に▲7一金と入って、上手玉に詰めろ。
53手目△4九飛成から上手の反撃を食らうが、なんとかしのいで勝ち


なぶら家で打ち上げ。加瀬先生、遠山先生、ありがとうございました!
IMG_4262_R.jpg