自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
4月17日 飯塚教室
この日は、練馬の愛棋家の方のご自宅で開催されている、飯塚教室を訪問した。
IMG_4438_R.jpg

講師は飯塚先生、遠山先生、竹下先生。
IMG_4433_R.jpg

飯塚先生の指導対局。
IMG_4417_R_201604172319563c6.jpg

遠山先生の指導対局。遠山先生は、
4/23(金)4/24(土)の天童市人間将棋で、解説を担当するそうです。
IMG_4411_R_20160417231958d2c.jpg

愛用の駒を持ち込み、立派な脚付き盤を使わさせていただいた。
IMG_4421_R_2016041723204627d.jpg



▲自分×△遠山雄亮五段(飛車落ち)


下手は三間飛車。木村メソッドの教えを守り、位負けしないことを意識したが、
上手の銀の出足が早く、5筋6筋の位を取られてしまう。
上手玉は△8二玉型だったため、向飛車+▲4八角型にし、8筋に狙いを定める。
69手目に△3五歩と突かれたが、▲8四歩と突きだすことで、
△8五歩と打たせて、上手を歩切れにさせる。
74手目に▲5五歩で角筋を遮断し、金銀交換。
8筋を押さえて用済みになった飛車を5筋に回し、角と換える。
82手目の▲5二角が勝着で、92手目の▲6三角成で、勝ち

激指による棋譜解析結果は、下記の通り。
001_201604172347590d9.jpg


川崎先生も来てくれました。
IMG_4430_R_20160417232136a21.jpg

駅前の『鍛冶屋 文蔵』で打ち上げ。映画『聖の青春』の話に。
飯塚先生は村山先生と同年代で、交友があったそうです。
IMG_4441_R_20160417232215abf.jpg
11月29日 飯塚教室
この日は午後から、練馬の飯塚教室を訪問した。
IMG_2225_R.jpg

ゲスト講師は、中村太地六段。
IMG_2236_R.jpg

飯塚先生と対局する小寺さん。
IMG_2223_R_2015112920080283f.jpg

山下さん、吉村さん、小寺さんと並んで、中村太地先生の指導を受ける。
IMG_2214_R.jpg

鬼神の表情の太地先生。
IMG_2220_R_201511292009348ce.jpg

立派な脚付き盤と、盛上駒を使用させていただいた。
IMG_2231_R.jpg

▲自分×△飯塚祐紀七段(飛車落ち)


下手は三間飛車。34手目に▲4五歩と突き、仕掛ける。
4一に馬を置き、次に▲3二銀と打てれば必至だが、角を合わされ、馬を消されてしまう。
角金交換で飛車を侵入させ、守備駒の金を狙い、勝ち
64手目の▲4四歩が、上手の形を乱す好手との評価をいただいた。

激指による棋譜解析結果は、下記の通り。
001_2015112921301656f.jpg


両先生と参加者で、リレー将棋を指しました。
IMG_2233_R_20151129201529850.jpg

打ち上げは、「鍛冶屋文蔵」へ。
001_20151130114942625.jpg



飯塚先生、中村(太)先生、ありがとうございました!
第5回 東北大震災被災者支援将棋会
この日は練馬にて、第5回 東北大震災被災者支援将棋会にお邪魔した。
指導料は、被災者支援に募金されるとのこと。
IMG_9567_R.jpg

講師の先生は、飯塚祐紀七段、佐藤康光九段、加藤桃子女流二冠。
003_201507122220315d1.jpg

飯塚祐紀先生。
IMG_9592.jpg

佐藤先生は、10月1日生まれで、吉村さんと同じ誕生日。
001_R_20150712230738219.jpg

加藤先生は、桃だけに3月生まれ。もし男の子だったら、名前は桃太郎だったそうです。
002_20150712221122e17.jpg

対局中の吉村さん。
IMG_9588_R_20150712222148622.jpg

対局中の山下さん。
IMG_9585_R.jpg

私は、佐藤康光先生に対局してもらった。初手合い。

▲自分×△佐藤康光九段(飛車落ち)


下手は三間飛車銀冠。
上手陣の金銀が離れているのを見て、飛車捨ての強襲を図ったが無理筋。
46手目は▲7四歩ではなく、▲5七銀といったん引いて、△7五銀に▲4五歩と突くべきだった。
と金を2枚作り、68手目に待望の▲4五歩を突く。
78手目は▲5一角と打たず、単に▲4六金と桂を排除しておくべきだった。
84手目の▲4三銀が敗着で、これが▲4三金なら、△2二玉、▲3三金、△同玉、▲4五桂で、
上手玉は寄り筋に入っていた模様。
88手目の▲3四銀成を取ってもらえず、投了し、負け

早い段階での飛車切りで劣勢に陥ったが、終盤猛烈に追い込み、
康光先生に一瞬本気顔をしてもらえたので、大満足。読みに読んで、この対局に2時間をかけた。

佐藤先生の指導は下記の通り。
・飛車切りは無理筋で、46手目は▲5七銀と引き、次に▲4五歩を狙う。
・飛車落ちでは、常に▲4五歩が急所となる。


激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20150712233922abf.jpg



東武練馬駅前の『鍛冶屋 文蔵』で打ち上げ。
IMG_9594_R_20150713084155b33.jpg


飯塚先生、佐藤先生、加藤先生、ありがとうございました!
飯塚将棋道場
この日は、練馬の飯塚将棋道場を訪問した。
IMG_8299_R.jpg

講師の飯塚祐紀七段。
IMG_8300_R.jpg

立派な盛り上げ駒だ。
IMG_8298_R.jpg

本田小百合女流三段。
001_R_20150419153958f58.jpg

川崎直人三段。
IMG_8307_R.jpg

吉村さんは角落ちで飯塚先生に勝利。
IMG_8297_R.jpg

対局前の筆者。
001_R_20150419202314b77.jpg


▲自分×△飯塚祐紀七段(飛車落ち)


下手の戦型は三間飛車。
上手玉の薄みを衝いて、48手目に角切りの強襲を図る。
50手目は▲2三金でなく、▲7四飛と走るべきだった。
銀損だが、龍を先着させ、上部を金で押さえ、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
003_20150419160142ec4.jpg
飯塚道場を訪問
この日は吉村さんと、練馬の飯塚道場を訪問した。
IMG_3884_R_20141124180044698.jpg

講師の飯塚祐紀七段。
001_R_201411241811324bf.jpg

飯塚先生の指導を受ける吉村さん。
IMG_3892_R.jpg

上田先生の指導を受ける吉村さん。
IMG_3898_R.jpg

立派な盛り上げ駒と脚付き盤だった。
IMG_3890_R.jpg

▲自分×△飯塚祐紀七段(飛車落ち)


手合いは飛車落ちで、下手の戦型は三間飛車。
下手は高美濃から銀冠に進展させ、好形に組むことができた。
54手目に▲5五銀と捨て、駒損ながら龍を先着させる。
71手目の△4五金は上手の罠で、▲4五同桂が悪手で、上手の駒が急所に利いてくる。
76手目▲5三銀は無理があり、ここは▲5六金で根元に桂を排除するべきだった。
敗着は88手目の▲3三龍で、△2三金と打たれて投了し、負け
ここは先に▲2八金と排除しておけば、下手玉はしのいでおり、駒が入って下手勝ち筋があったそうだ。

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
002_2014112418552649b.jpg

局後、飯塚先生からありがたいコメントをいただいた。

「見事な作りの将棋で、銀捨てなど要所での踏みこみも鮮やかです。
 飛車落ちでももっと勝てると思います。
 江古田教室の少年たちには、終盤の寄せについて、
 上から押さえる、玉のすぐ近くの金を削る、
 この2つをこころがければたいがいの玉は寄るはず、と教えています。
 もし終盤で次の一手が見えない時があれば、一度お試しください。」


お土産に、揮毫詰将棋と飯塚道場根付をいただいた。
IMG_3909_R.jpg


駅前の中華料理屋『一球酒場』ランチをいただく。刀削麺が美味でした。
IMG_3899_R.jpg