自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
11月10日 湾岸将棋教室
この日は、豊洲で湾岸将棋教室を受講しました。
IMG_5092_R_20191013235442f3a.jpg

講師の高野智史先生。新人王獲得おめでとうございます!
IMG_7740_R_20191110204836ed6.jpg


▲自分×△高野智史新人王(角落ち)


戦型は、下手の三間飛車に、上手の棒金。
40手目▲6五歩に、上手は△7三金と引いた。
55手目△8九歩成からと金を作られたものの、7筋6筋から押し返していく。
78手目に▲8二とと飛車交換を迫って、下手優勢で終了。


記念対局は師匠の木村王位との対局とのことで、やる気満々の高野先生。
IMG_7751_R.jpg

打ち上げは、小寺さんと秋葉原の『ビストロ魚金』へ。
IMG_7757_R_201911102049220a8.jpg

高橋さん、北野さんも合流しました。
IMG_7753_R_20191110205111cba.jpg

明日からロンドン出張の北野さん、お疲れ様です!
IMG_7759_R_20191110205113fff.jpg
スポンサーサイト



10月13日 湾岸将棋教室
この日は、豊洲で湾岸将棋教室を受講しました。
IMG_5092_R_20191013235442f3a.jpg

講師の近藤誠也先生。
IMG_5078_R_20191013235444384.jpg

三間飛車のエヴァンジェリスト、山本博志先生。
IMG_5086_R_201910132354454bd.jpg

タイトルホルダーの愛弟子・高野智史先生は、新人王戦決勝を対局中。
IMG_5089_R_20191013235447a4c.jpg

近藤先生に、角落ちで教えていただきました。

▲自分×△近藤誠也六段(角落ち)


下手は三間飛車。
角落ちでは軽い攻めでは仕掛けが成功せず、
仕掛ける前に離れ駒をなくしておくこと、
すべての駒を活用して戦力を集中させることを教えていただいた。
68手目▲7三桂成の成り捨てで、龍を作って下手優勢に。
101手目△3二金に対して、即詰みがあったようだが、
下手玉に詰めろがかかっていないため、▲6二金と打って必死をかけ、勝ち
金子タカシ先生の『必死道場』を読んでおいてよかったです。



毎月第2日曜日に開催の湾岸将棋教室、午後13:30~16:30の3時間で、
2人の先生に計2局教えていただいて、4,000円。お得だと思います。 
IMG_5081_R.jpg


夜は本八幡へ。居酒屋『まるし』で加瀬先生と打ち合わせをしました。
IMG_5093_R_201910132357260ac.jpg

8月11日 湾岸将棋教室
この日は、豊洲で湾岸将棋教室を受講しました。講師の近藤誠也先生。
IMG_3695_R_20190811195643035.jpg

塚田恵梨花先生。
IMG_3729_R_20190811195718592.jpg

三枚堂先生。
無題_R



▲自分×△近藤誠也六段(角落ち)


もう7~8年指していた飛車落ちは卒業することとし、初めて角落ちを指してみる。
近藤先生には角落ち初体験である旨を事前に伝え、駒組みや狙いを教えていただいた。


・この形が上手のオーソドックスな構え。
・下手は駒組みが終わったら、7筋か5筋で歩を切りに行く。
 歩を切った箇所から銀を進出させれば、打開策が広くなる。
・△7三桂に▲7六銀と出るのは下手十分。
・上手が右桂を跳ねず、△7二飛と袖飛車にした場合は、5筋で歩を切りに行く。
・終盤では龍を弾かれないように、龍の位置取りに気を付ける。



▲自分×△三枚堂達也六段(角落ち)



・角落ちは、じっくり指すことを意識する。
・浮き飛車の石田流は、圧迫されるので避ける。
・スパっとさばきにいかない。ジワジワ狙いを作る。
・高美濃にして、▲5九角と引くのが基本。
・カウンターで仕留める。



金の進出に対する対処


感想戦で、三枚堂先生に金の進出への対処法を教わった。
角金交換の駒損でも、▲7六飛とぶつけて飛車交換を迫る。
飛車の打ち合いになったら、陣形差で下手がいいとのこと。



▲自分×△塚田恵梨花女流初段(角落ち)


角落ちにはよくないとされる石田流にしてみましたが、端を突かれて角金交換の駒損に。
62手目▲2一金と尻金を打ったが、金だけでは上手玉を寄せられず。
端を突いても銀で防がれ、負け



角落ちでの三間飛車は、私が平手で指している三間飛車と共通点が多く、違和感がない。
IMG_3691_R_20190811211335e80.jpg


小寺さんと今場さんも一緒に受講しました。
無題_R

帰省中の今場さんは、18時のフライトで戻りました。
IMG_3708_R.jpg

小寺さんは平手で4局指し、2勝2敗。
IMG_3715_R_201908111959059bb.jpg

小寺さんと打ち上げをして帰宅しました。
IMG_3745_R_20190811212540198.jpg
7月14日 湾岸将棋教室
この日は、越中島の古石場文化センターへ。
10276001542_R.jpg

湾岸将棋教室を受講しました。
IMG_2531_R_20190714225006239.jpg

講師の戸辺先生。
無題_R

加藤桃子先生。
無題2_R

高野智史先生。
IMG_2550_R_2019071422512102d.jpg

打ち上げは、小寺さん達と私の家でトマト鍋を作って食べました。
プリンちゃんも遊んでもらえて大満足。
IMG_2561_R_20190714225240784.jpg
7月13日 湾岸将棋教室 振り飛車研究会
お昼にプリンちゃんと散歩。
IMG_2506_R_20190713171120d4f.jpg

豊洲のシビックセンターで、湾岸将棋教室を受講しました。
この日の振り飛車研究会の講師は、山本博志先生の代理で、中村真梨花先生でした。
IMG_2517_R.jpg

中村先生のエース戦法である四間飛車に対し、右四間穴熊で挑んでみました。
無題_R

▲自分×△中村真梨花女流三段


戦型指定で、中村先生の四間飛車に、私の右四間穴熊を指定してみた。
49手目△5七角成の馬の位置が好位置。
58手目▲5五桂が緩手で、▲4三馬と指すべきだった。
64手目▲6二銀成は詰めろではなく、負け



中村先生に教えていただいた対抗策。
箱型の穴熊ではなく、▲6八金型で5七の地点を受けるのがいいとのこと。
IMG_2515_R_20190713171123b38.jpg