自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
2月26日 加瀬教室
この日の午後は、本八幡の加瀬教室を訪問した。

講師の加瀬先生。
IMG_8600_R_20170226210358145.jpg

加瀬先生所蔵の、立派な脚付き盤と銘駒を使用させていただく。
正座をして脚付き盤に向かうと、読みの精度が高まる気がする。
IMG_8589_R_20170226214125d47.jpg

講師の飯島篤也先生。
001_R_20170226210356a4b.jpg

▲自分&△飯島篤也先生(飛車落ち)


飯島篤也先生には、今から6年ほど前に、連盟のラクラク基礎から講座で教わっていた。
戦型は、下手の三間飛車。上手は銀を2枚並べて、中央に厚い陣形を取った。
8筋に金が進出してきたため、角を転回し、44手目に▲6五歩と突いて開戦。
48手目に▲5五歩と突いて角を呼び、▲6六銀で角を弾く。
58手目の▲5五銀と捨てる手が勝着で、「次の一手問題みたいですね」と評価される。
と金を無視して▲8五飛と走った手が、上手玉への詰めろ。
68手目▲9三角成以下詰みで、勝ち

木村一基先生に教えていただいた「木村メソッド」を使い、
上手の急所である8筋を、飛角銀桂で狙うことができた。
中盤の▲5五歩から角を呼んで銀で弾く順が奏功し、
年イチレベルのいい指し回しができ、大満足。

この日は、ちょうどNHK杯が放送中だった。
加瀬門下の和俊先生が、村山先生を破って、ベスト4に進出!
IMG_8594_R_201702262104477f5.jpg
スポンサーサイト