自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
仕事帰りに、千駄ヶ谷の連盟道場へ。
師範棋士で来ていた加瀬先生にご挨拶。
IMG_8613_R.jpg

▲自分 初段&△相手 初段


戦型は、私の石田流に、相手の中飛車。
美濃囲い+石田流本組みの好形から、57手目に▲5三桂成と成り込み、やや有利に。
85手目の▲4七同金が悪手で、▲6一金と飛車を取って詰めろをかけるべきだった。
93手目も、あまり考えず当然のように▲3二飛と下してしまったが、
▲7一銀から11手詰めがあった。
最後の敗着は、97手目の▲5三角成。
ここは▲7二成桂、△同玉、▲5四角から詰みがあった。
98手目△6三金と成桂を外され、形勢逆転し、負け
感想戦で対局相手の小学生に、85手目▲4七同金に対して、
「自陣に手を入れ過ぎですネ」と鋭く指摘される。


連勝潰える。夜風が身に染みる。
IMG_8618_R.jpg
スポンサーサイト