自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
将棋連盟のHPを解析してみた
Similar Webを使って、将棋連盟のHPを解析してみた。
009_R_2017051223310468a.jpg

■アクセス数
001_R_201705122244212a3.jpg

月間のサイト来訪数は、約170万~200万。
デイリーで6万件ほどのPVを得ている模様。

この半年ほどは、アクセス数に特に増減は見られない。
サイトリニューアルを機に、TOPページにバナーが貼られるようになったが、
この収入は月額30~40万円と推定。

■国別分析
002_R_20170512224713693.jpg

98%が日本からのアクセス。
アメリカからが0.56%、次いでフランス、ドイツ、イギリスの順になっている。
セッションの約50件に1件は、外国からだというデータは興味深い。
ただし、多くはロボット型サーチエンジンのクロール(巡回)だと思われる。

■訪問元分析
検索して訪問する人が34%、リンク先から流入する人が21%。
003_R_201705122247157ec.jpg

有力な被リンク先として、
004_R_20170512225834d7a.jpg

将棋アンテナ 棒銀くんからが26%、
2ch名人からが19%、
ニコニコ動画からは18%
という結果になった。

■離脱先分析
005_R_2017051222583533a.jpg

連盟サイトに来た人の内、71%もの人がAbemaTVに行っているという結果が出た。

棒銀くんや、2ch、ニココニから連盟サイトに流入し、
3~4分滞在した後にAbemaTVに行くというのがメインストリーム。
AbemaTVの将棋企画は、かなり成功していると見る。

■キーワード分析
007_R_201705122305376cb.jpg

広告はやっていないので、100%オーガニック。
「将棋」「連盟」「名人戦」「藤井聡太」というワードで検索して、来訪してきている。

■SNS流入分析
008_R_2017051223101962c.jpg

SNSからサイトに来る割合は、6%と少ない。twitterからが大半を占めている。
スポンサーサイト