自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
宮田敦史六段 指導対局
毎週月曜と木曜は、連盟道場にゲスト棋士が来る日。
宮田敦史先生に、飛車落ちで教えていただいた。
001_R_20170601222510f5d.jpg

▲自分×△宮田敦史六段(飛車落ち)


下手は三間飛車。
4筋と3筋の位を取られてしまったため、左銀で奪還に向かう。
32手目の▲7六飛が疑問手で、▲7二歩と垂らす手があった。
石田流本組みから、▲6五歩の仕掛けを決行。
飛車を取られてしまうが、54手目▲5三角成と馬を作る。
1回目の悪手は56手目▲6二成銀で、ここは▲5六歩や▲4六歩で桂を打たせないべきだった。
2回目の悪手は66手目▲4二馬。
ここは▲2二金から馬を取って、▲3六歩とを外すべきだった。
玉頭桂で美濃から追い出され、負け

スポンサーサイト