自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
指す将順位戦 A級2組 第1局
twitter上の将棋クラスタが集う、指す将順位戦
第2期はS級1組~B級4組まで規模が拡大し、200名ほどが参加。
無題_R

この日の筆者の昼食は、門前仲町のイタリアン『ピッキ』
ワンコがいるのでテラス席にしてもらった。
original_R_201707172252079d0.jpg

A級2組は対局相手のRもかなり高く、苦戦必至。
22時に、master氏と第1局を対局しました。


△自分×▲master氏


先手のmaster氏の飯島流引き角に対し、後手の私は三間飛車穴熊を採用。
居飛車も銀をひきつけ穴熊に囲い、相穴熊戦となった。
飛車を中央に回るべく、36手目に△5五歩と突き捨て、勢いをつける。
41手目に▲4四飛と切られて、飛車角交換に。
▲2一角成に△5一飛と自陣飛車を打って、馬角両取りを見せ、
△5七同飛成で金桂交換となり振り飛車有利に。
60手目は△6八金か△6八角で迷ったが、
居飛車の持ち駒からカナ駒をなくしたかったため、△6八角と打った。
74手目に△7八龍と取ることができ、勝ち
スポンサーサイト