自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
角換わりを制する者が、角換わりを制する
最近、角換わりの勉強をしているが、相腰掛け銀は手が広く難しく、負け続けである。
指していても、蓄積がなかなか感じられない。
棒銀か早繰り銀で強襲した方がいいかもしれない。
DfT29xkV4AE-_RW_R.jpg


将棋倶楽部24で、レーティング対局。


▲自分×△相手


相居飛車戦になったが、横歩取りや相掛かりを避けるため、先手の私から角を換え、角換わりに。
戦型は、▲4八金・2九飛の相腰掛け銀の最新形になった。
プロ間では有力なのであろうが、狙いが難しくてとても指しこなせない。
44手目に△4四角と打たれたが、△9九角成と成られるのを甘受し、桂を跳ねだす。
54手目に△8六飛と飛車を切られたときは、負けと覚悟したが、特に詰んではいなかった。
56手目△7七香はハッタリ詰めろと見切り、攻勢に出て清算し詰ませ、勝ち
スポンサーサイト