自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
御徒町戦記
久しぶりに、御徒町将棋センターを訪問した。
12/15(土)に、御徒町将棋センター5階で開催する第8回天野杯のチラシをお渡しする。
IMG_4972_R.jpg


▲自分 二段×△相手 三段



戦型は、私の先手石田流に、相手の四間飛車で、相振り飛車に。
30手目の△5四銀を見て、▲7四歩、△同歩、▲同飛、△7三歩に、
▲5四飛と飛車を切る手はないかと思案。
結局自重したが、激指の解析では飛車を切る手も有力だった。
38手目に△7七角成と切られ、△8五桂で両取りを食らう。
▲6七飛と逃がしたが、飛車の使いどころが難しく、ここは▲8六角と角を逃がすべきだった。
桂捨てから飛車角交換に持ち込んだものの、指す手がなくなり、負け
スポンサーサイト