自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
第60期王位戦七番勝負第7局
内幸町の東京新聞ホールへ。
IMG_4828_R_20190926232314e27.jpg

第60期王位戦七番勝負第7局の大盤解説会を訪問した。
IMG_4832_R_20190926232316999.jpg

解説者である飯島栄治七段と加藤桃子女流三段の入場。
IMG_4841_R.jpg

副立会人の飯島先生。木村先生とは20年来の付き合いで、
6歳年下の飯島先生にとっては兄貴分的存在であるとのこと。
IMG_4846_R_201909262325500a1.jpg

聞き手の加藤先生。
IMG_4888_R_201909262341399c6.jpg

抽選会が2回。80人の参加者のうち、70名近くに当たる抽選会でした。
IMG_4877_R_20190926232658b47.jpg

賞品の揮毫色紙。
IMG_5003_R_20190926233908af1.jpg

稲垣さんも賞品の飯島本を獲得しました。
IMG_4987_R_20190927002637dba.jpg

飯島先生の愛のある解説。本対局の解説が、飯島先生でよかったです。
IMG_4896_R_20190926232745621.jpg

猪年生まれで年女の加藤先生。
IMG_4903_R.jpg

木村先生の癖を知り尽くした飯島先生。
IMG_4897_R_201909270027456af.jpg

「これは優勢を確信しているものの、それを悟らせないようにしている表情ですね」
IMG_4914_R_20190927002747d91.jpg

きわどい最終盤。木村先生優勢であるものの、いくつかの罠があり、間違えられない状況。
IMG_4918_R.jpg

18時44分、ついに豊島名人が投了。
IMG_4926_R_20190926233148b2b.jpg

木村先生が、悲願の初タイトルを獲得しました!
IMG_4937_R.jpg

19時過ぎに、対局場の都市センターホテルから、両対局者が到着。
IMG_4949_R_20190926233248d52.jpg

万雷の拍手に迎えられる木村王位。
IMG_4952_R_20190926233545ae8.jpg

「難しい将棋だった」と木村王位。
IMG_4957_R_2019092623343530c.jpg

「1日目の時から難しかった」と豊島名人。
IMG_4965_R_20190926233513d28.jpg

飯島先生による講評。
「今年一番の名局でした。将棋の神様はいると思った」
この日、この対局の解説者が飯島先生であることに、めぐり合わせを感じます。
IMG_4980_R_2019092623371543e.jpg

解説の両先生、お疲れさまでした!
IMG_4990_R_20190926233930830.jpg

飯島先生の研究室にある掛け軸。王位の称号が書き加えられることになります。
IMG_3833_R_201909270031158e3.jpg

本八幡に移動し、加瀬先生と祝勝会。
IMG_5017_R_201909262339569d5.jpg

加瀬先生もうれしそうです。
IMG_5021_R_2019092623402925e.jpg

木村先生、タイトル獲得おめでとうございます。
この日、たくさんのファンと喜びを共有できたことが、何よりうれしく思います。
IMG_4955_R_20190926234312cfc.jpg
スポンサーサイト