自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
2019年社団戦個人戦 対局棋譜
2019年の社団戦個人戦の対局棋譜。
IMG_7483_R.jpg



1局目 ▲自分×△あり


戦型は、私の先手石田流に、後手の玉頭位取りになった。
48手目の△9五歩から、飛車を侵入させて龍を作る。
どうしても△5五馬から△3六歩の筋が気になったので、57手目に▲5六香と打った。
63手目に▲7五角と切って、飛車を拾って勝ち



2局目 ▲自分×△明治SAKIURA


戦型は私の先手石田流。
47手目▲7四歩に対して、△同銀ではなく△同飛だったため、
自陣が堅いままに大駒がさばけて優勢になった。
馬と桂を使って居飛車玉を包囲し、勝ち



3局目 ▲自分×△丸紅OKI3


この3局目は激戦になった。
戦型は私の三間飛車銀冠に、相手の左美濃。
72手目△5七金に対し、▲4九銀と打った手は正解だったが、
79手目▲3七玉が悪手で一気に劣勢に。ここは▲4七金と引いておくべきだった。
龍も切られて形勢は絶望的だったが、
94手目△6六角が相手の敗着だったようで逆転。
激指によると△5七角なら居飛車優勢だったようで、将棋は難しい。
96手目△3九飛に▲2八玉と寄って、一手だけしのいでいる。
99手目▲2三金から詰ませて、逆転勝ち
持ち時間は30分30秒だったが、終盤に10分ほど時間が残っていたので助かった。




4局目 ▲自分×△天野チルドレン3


3連勝同士の決勝戦は、チームメイトとの対局になった。
居飛車が穴熊ではなかったために、終盤で堅さ勝負ができるよう振り穴にしてみた。
激指の解析では、46手目△5五歩が敗着だったようで、△1五歩で互角だったようだ。
中盤は飛車を成らせる代わりに、馬を作って桂香を拾う。
79手目▲4四香が刺さり、金銀を貼り付けて勝ち



御徒町将棋センターの対局でレーティングを削られている私にとって、
社団戦の個人戦は分がよく、

2015年3-1
2016年3-1
2017年4-0
2018年2-2
2019年4-0

と2回目のブロック優勝になった。

2017年優勝時
IMG_1792_R_201710012349469c3_20190929231233427.jpg

2019年優勝時
IMG_7505_R_201909292031241d2.jpg

スポンサーサイト