自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
第2回 ことえ研
先月に続き、細谷氏が主宰する、ことえ研に参加。
今月は小寺さんも誘ってみました。
IMG_7740.jpg

三段クラス6名、二段クラス6名の12名参加で、4局対局。


▲自分×△相手


相手の三間飛車に、右四間穴熊で対抗した。
52手目の▲4五桂の跳ね捨ては無理筋に思えたが、
△1五角から角を追って、飛車角交換に。
64手目▲8六角から、▲3一角と打って飛車を狙う。
2枚の角を切って82手目▲5三銀不成が飛車金両取りで居飛車有利に。
100手目▲7四桂が入って、勝ち

10分30秒という短い持ち時間の将棋で、穴熊という堅い陣形が奏功した。
激指で解析したが、本譜は暴発・悪手が無く、よかった。
スポンサーサイト