自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
学生さんは、今日から新学期であろうか。新しい季節の始まりだ。
すっかり陽気で、木々も繁っている。
_R002_20130408210121.jpg

▲自分 初段×△相手 初段


戦型は、私の三間飛車に、相手の居飛車急戦。駒損の角銀交換から、中央を破り、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
04081.jpg


対局後、代々木の『山水楼』で、森さんとレバニラをいただいた。
_R000_20130408210150.jpg


スポンサーサイト



コメント
コメント
先日はありがとうございました。

将棋、拝見しました。

全体的な流れは良いのではないでしょうか。

上を目指されるのであれば、中盤から終盤に行くところ(具体的には攻めの足がかりの作り方など)を、実戦や棋譜並べで強化されると良いかと思います。
2013/04/08(月) 23:21:49 | URL | 大平 #- [ 編集 ]
大平先生、コメントありがとうございます。

また、対局も勝たれたそうで、おめでとうございます!

実戦は指していますが、
棋譜並べはほとんどしていません。
プロの棋譜は高度すぎて理解できないためです。

全てを理解しようとせず、
「攻めの足がかりの作り方」だけでも
身につくように、意識して並べてみようと思います。

たしかに、実戦だけ(自分のヘボ将棋)よりも、
棋譜並べで高度なテクニックに触れるほうが、得るものもあると思います。

ありがとうございました。
2013/04/09(火) 00:05:12 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック