自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
遊々将棋塾を受講後、道場で対局をした。
_R015_20130504181536.jpg

1局目 ▲自分 初段×△相手 二段


戦型は、私のコーヤン流三間飛車に、相手の天守閣美濃→米長玉。
やや無謀な43手目▲6五歩で、先に馬を作られてしまうが、
細かく歩を使って玉頭戦を制し、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
05041_20130504184146.jpg


2局目 ▲自分 初段×△相手 二段


戦型は、私の居飛穴に、相手のゴキゲン中飛車。
向かい飛車に転換され、端桂から2筋を破られてしまう。
最後は、2枚の香で端攻めを食らい、受けがなく、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
050402.jpg


3局目 ▲自分 初段×△相手 初段


戦型は、相手の四間穴熊に、私の右四間穴熊。
角・飛車と大駒をさばき、先に穴熊に取り付いて、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
050404.jpg


連盟道場での戦績
050405.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
棋譜の将棋についてコメントします。

1局目。

43手目の局面。

本譜の▲6五歩はその後の展開を考えると良くなかったようです。
本譜の進行では相手に馬を作られて、玉頭に嫌みをつけたものの
相手のミスがなければ少し苦しい展開でした。
▲6五歩の攻め筋はあるのですが、
もっと味付けが必要だと思いました。

▲6五歩では、代わりに▲4四歩と指してみたいです。
△4四同歩は角道が止まるので△4四同角だと思いますが、
そこで▲2五歩と弱点である2四の地点を狙います。
以下△同歩に、▲6五歩を決行します。
本譜と同様に△同銀なら▲4四角△同歩▲7一角があります。
△7七角成なら、以下の進行例は▲同桂△5三銀▲5五歩・・
こうなれば、以下激しい攻め合いが予想されますが、振り飛車もかなりやれると思います。

2局目。

33手目の局面。

ここでの▲4六歩は不要でした。
結果的に1手パスに近い手になりました。
仮に△5七角成が実現しても▲2二飛成で、
飛銀交換の上に飛車が成っているのですから居飛車勝勢です。
2二飛3三角型の向かい飛車で3二金と上がってない形では、
素抜かれた後に浮き駒がなくて、王手で素抜かれる筋がないなら、
素抜きの筋は心配不要です。
もし仮に△3二金と上がっている形なら、素抜きの筋を警戒する必要はありますが・・

ここでは次の▲3七桂を見越して、代わりに▲3六歩としたかったです。
▲3六歩でも無理やり△2四歩と開戦してくれば、▲3七桂です。
以下△2五歩に▲同飛△同飛▲同桂となれば、角に当たるので居飛車ペースの戦いになります。
居飛車は穴熊でなくても十分に固いので、急戦でも戦える形です。

先に▲3六歩~▲3七桂としてから相手の手を伺い、
場合により穴熊に囲った方が良かったと思います。

穴熊は囲う瞬間が一番危険です。
特に本譜のように相手が急戦可能な場合は注意が必要です。
穴熊が完成するまでの間に仕掛けられても大丈夫なような準備をしてから囲わないと、
本譜のように苦戦することになります。

3局目。

右四間穴熊の手順で前からずっと気になっていた点が1つあります。
右桂を使う際に▲3六歩と▲1六歩を両方突く点です。
▲3七桂とするのなら▲1六歩は出来れば突きたくありません。
逆に▲1七桂とするのなら▲3六歩は突きたくありません。
▲1六歩は端角が嫌だから突きたくなる気持ちは解りますが、
本譜で仮に△1五角とされても▲4七飛で問題ありません。
省略出来る手は省略して他の手を指す方がいいのは言うまでもありません。
特に穴熊のように囲いに手数がかかる戦法は省略する意味が大きいと思います。

2013/05/04(土) 23:30:42 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

1局目の将棋について

56手目の△2二玉が、相手の敗着だったようですね。
ここが△3五同歩、▲同銀なら、互角だったようです。

43手目に▲6五歩と突くか、
▲4四歩、△同角、▲2五歩、△同歩としてから▲6五歩と突くか、どちらもありそうですが、
後者は事前工作により、角の打ち場所がありますが、
先に2歩を突き捨てているため、怖い形でもあります。

本歩は相手に先に馬を作られましたが、左辺での戦いにはならず、
右辺での戦いになったため、相手の馬に活躍されずにすみました。


2局目の将棋について

33手目の▲4六歩は、素抜きを錯覚していて、不要な一手でした。

対角交換四間飛車でもそうですが、相手が攻めの形の準備をしている際に、
囲い(穴熊)に手をかけており、本譜のように、相手の攻めを受け切れないケースが多々あります。

穴熊に組みに行かず、▲3六歩~▲3七桂で、相手の攻めに対抗する形と、
こちらからの攻め味を作っておくべきでした。


3局目の将棋

△1五角を消すために▲1六歩を突いていましたが、
▲3七桂、△1五角、▲4七飛で受かるので、今後▲1六歩は省略できそうです。

ご指摘ありがとうございました。

2013/05/05(日) 23:35:36 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
戦ベタ
 今回は、敗れた2局目を干渉して見よう。

 32手目。△2二飛。【局面展望】
 振り飛車は、1歩を持って、能動的に飛車を展開し、先手は、手堅く金銀4枚を終結させて、いつでも喧嘩を買える状態だ。
互いに、主張がある局面で、興味深く、勿論優劣は論じられない。好み、棋風の問題となりそうだ。
 私は、何時でもイケ麺子の味方だ。居飛車を持って、力強く相手の攻撃を迎え撃っている、先手が「気分的に指し易そう」な気がする。

 33手目。▲4六歩。不急の一手。
 この手で、局面の均衡が崩れた。意味の薄い手だ。善意に解釈すれば、△2四歩▲同歩△同角の時に、角のサーチライトが、自陣に刺さらないという意味か…。
 しかし、内心は、『穴熊在りき』の発想だったのだろう。だが、穴熊は手段であって、目的ではないのだ。目的は、勝つ事。勝つための方法の一つに過ぎない。
 私なら、▲3六歩と突きたい。次の▲3七桂や、先の変化で△2四同角なら、▲3五歩の突き捨てだって、有効手筋だ。
 そもそも、後手は仕掛けたくて仕方が無い状況で、△2二飛と廻ってきたのだ。それをノったりと、入城(穴熊志向)しようとするのは、クライシスマネジメントに不備がある。
 遊々の仲間で、脳科学を研究しておられる方から聴いた話だが、こと攻めの技術という点に関しては、トップアマならプロと遜色が無いと言う。
 一番の違いは、自玉の危険度に関する考察が、よりプロの方がナーバスだと言う事だった。
 怖いのも知らず(無知?)で、運良く、危険な場面がアっという間に通り過ぎてくれると言う将棋では、次のステップは、遠いですゾ。

 41手目。▲8八銀。悪手。
 2手一組の1手目は動き所。というより、本局は、もっと切迫していると感じて欲しい。ここは、何か動かないと苦戦になる。私なら、▲1五歩としたい。▲6五歩の切り札は、△同角成の時に、取り方が難しい。▲同金寄△3九角▲5八飛が逃げ道限定になるのが気が利かない気がするからだ。
▲1五歩以下、△2四飛▲1四歩△2六歩▲1三歩成△2七歩成▲2五歩△同飛▲1七桂△2六飛▲2九飛と、桂を先取りして、飛車先を破られて手の代償としたい。
 この展開なら、▲4五桂があるので、後手とて心穏やかで入られないだろう。

 43手目。▲1七桂。指し手もコメントも×。
 ▲2七歩では、元気が出ない。座して死を待つ手では、玉の堅さが生きない。ここは、▲3六歩と本筋の手で、迎え撃とう。
△2六歩なら、▲2五歩△同飛▲3七桂と天使の飛翔(▲4五桂~▲5三桂)をみて、先手良し。これは、基本手筋だ。
 蛇足ながら、▲2七歩と謝っても△3五歩と突かれ、▲6八銀△3六歩▲同歩△3八歩▲6五歩△4四歩▲4五歩△2六歩▲同歩△3九歩成で、先手苦戦と観る。

 47手目。▲1四歩。不調?。
 ここは、▲2五桂とただクレで、相手の読みを狂わせたい。どうせ、桂損確定なら、相手に迷って貰いたいのだ。通常、△同飛▲同飛△同桂の桂得で、後手優勢が相場なのだが、本局はイケ麺子の穴熊なので、▲2三飛で、互角以上だ。
 さりとて、△同桂も味の悪い手で、▲1六香と手を渡されると、△3七桂成以下の飛車交換は、容易には決断が着かないだろう。
 こう指しておけば、本譜のように、△2六歩以下、飛車先を突破するという明確な目標が無く、後手も簡単ではなかった。

 53手目。▲6八飛。敗着級。
 自覚されている通り、▲2九飛と手を遅らせなければ、勝負にならなかった。

 59手目。▲1二歩。辛抱堪らンという手。
 悪いながらも、勝敗を競う意識があれば、▲2八歩と飛車の侵入を遅らせるしかなった。こう我慢しておけば、▲6五歩~▲3三角成と飛車を苛める展開になったかもしれない…。

 60手目。△1二同香。ちょっと、ビックリ の手!
 歩切れの解消という事なのだろうが、△2九飛成▲1一歩成△2七とと「渡金の遅早」で迫りたい。

 63手目。▲6五歩。昔の佳手。
 証文の出し遅れ。現在、只今の佳手は▲8六角。相手の狙いの△3七角成なら、▲5五香の攻めがある。
 だから、△8四香と好点に置いてくるが、▲3一角成と自然に馬が造れ、相手の△2六角を咎めている。手順に成れるはずの飛車が、未だ生なので、相手も焦れるはずだ。
 ただ、△5三歩と平身低頭に指されたら、▲7七角と引き戻す事になるのだろう。これとて、無駄歩を打たせたので、効果は無いわけでは無い。

 69手目。▲4二銀。まさかの手。
 重い手に、好手なし…。▲5五香~▲4二銀の取り付きは、「寄せは俗手で」の度を超えている気がする。
 矢張り、▲2二とと元手の掛からない手で迫りたい。銀の手持ちなら、端攻めの受けの具合も、全く違ってはすだ。

 以下、土佐酢。駒台に、凡そ1森下の歩が余っての敗戦。端攻めを受けての所産とも言えるが、毎度の事ながら、歩の絡まない攻めをした事に想いを馳せて欲しい。
 ▲5五香~▲4二銀と過剰闘志しなければ、形勢はどう転んでいたか、判らなかったという事だ。
 どうしても、直線的に出てしまうという状況を鑑みれば、技不足、引き出しが足りないという事になってしまうのだろう。

 しかし、1局目の局面を積極的にリードをしようと意図した▲6五歩(63手目)の仕掛けや2局目の穴熊への迫り方(66手目)など、大分将棋が解かってきた印象がある。
そして、以前のように「相手が二段だから」などの気後れ、気合負けが無くなって来たのが、心強い。
 ただし、今一歩なのは、良い意味でのマリーシア(狡賢さ)が無い事だろうか。単純に、斬り合ったり(相殺)、素直に駒を取ったり(3局目の48手目のイメージ)と、局面が有利な場合は、それでも好転する事が多いが、婉曲という事を意識すると、また違う手が見えてくるはずだ。
違い言い方をすれば、含み。綾。味。指させて、指す。と言った感じだろうか。

2013/05/06(月) 08:24:46 | URL | 暢 志忘 #- [ 編集 ]
1局目の補足
1局目の将棋について補足します。

>6手目の△2二玉が、相手の敗着だったようですね。
>ここが△3五同歩、▲同銀なら、互角だったようです。
この将棋について整理すると、
馬を作られた時点では居飛車優勢です。
私が相手のミスがなければ少し苦しい展開とコメントしたのは△2二玉のことではありません。
直接的な敗着は△2二玉かもしれませんが、それ以前に相手に問題手がありました。

55手目の▲3五歩の時点ではむしろ振り飛車を持ちたい局面に変わっています。
▲3五歩を△同歩と取るようでは4六の銀と2三の銀が交換に成る可能性が高く、
それは居飛車が避けたい変化です。
銀交換が実現すれば互角ではなく
むしろ振り飛車有望です。

52手目の△同銀が非常に味の悪い手で
助かっていました。
この銀が全く働く見込みがなく、
おまけにこの銀のせいで馬も動くことができません。
ここでは代わりに△5二飛とされていたら
引き続き少し居飛車を持ちたい局面でした。
次に△5八歩~△5四飛の狙いがあります。

また▲2五歩に△同歩も悪い手でした。
△同歩としたので▲3五歩がいい味の手になりました。
△同歩に代わり、△2二玉と我慢するの方が悪いながら筋で、
以下▲2四歩△同銀と進むと△2六歩の反撃筋が残ります。
4六の銀が働くと振り飛車ペースです。

本譜では52手目の△同銀や54手目の△同歩があったので、形勢が好転しました。
相手に最善手を指されていたら
先にコメントした通り少し苦しい展開でした。

結局、単純に馬を作られてはやはり苦しいので、
少々危険でも▲4四歩~▲2五歩の味付けをしてから▲6五歩を決行する意味はあると思います。
2013/05/06(月) 10:47:52 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック