自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
7月17日 将棋部練習会
7月17日の将棋部練習会。小寺さん、森さん、崎浦さん、田中さん、オギー、渡邊さん、川瀬さん、北村さん、私の9名が参加。
IMG_0180_R.jpg

社団戦は4部で出ている田中さん。
IMG_0161_R.jpg

小寺さんと対局するオギー。
IMG_0162_R.jpg

久しぶりに参加の崎浦さん。アマ名人戦多摩地区予選に出場予定。
IMG_0174_R.jpg

先月赤ちゃんが生まれたばかりの川瀬さん。男の子なので、将棋を教えるそうです。
IMG_0164_R.jpg

北村さん。
IMG_0170_R.jpg

秘策・筋違い角を使うオギーと、田中さん。
IMG_0181_R.jpg

私の将棋指南役である、森さん。
IMG_0167_R.jpg


▲自分×△森さん


戦型指定のお願いをし、私の石田流に、森さんの銀冠となった。
居飛車の9筋攻めをしのぎ、先に銀冠に取り付いたが、切り崩せない。
強豪の森さん相手に健闘したものの、75手目の▲3一金が悪手で形勢悪化し、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20130718011701.jpg




打ち上げは、『すしざんまい新橋SL広場店』へ。
IMG_0187_R.jpg

小寺さんが、割引券を持ってきてくれました。ご馳走様でした!
IMG_0189_R.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
先攻のチャンス
棋譜の将棋についてコメントします。

37手目の局面。

36手目△9二飛の直接の狙いは△9五歩ですが、
真の狙いは本譜の進行通り、0手で7二飛を実現させることでした。
しかし△9二飛の瞬間が若干甘く、振り飛車は既に理想形なので、この瞬間に仕掛けたいところでした。
ここでは▲8八角ではなく、得意?の▲6五歩が有力でした。
△同歩の1手に
①▲同銀
②▲7四歩
の攻めがありそうです。

①以下の進行例は△6四歩▲7四歩△6五歩▲7三歩成△5四銀に
▲6四歩、又は▲8三と・・
先に銀損しますが、と金が大きいのと居飛車の飛車が中途半端で歩切れです。
相手からすぐに厳しい攻めが無さそうなので振り飛車ペースだと思います。

②以下の進行例は△同歩なら、▲6五銀で次に▲7四銀や▲6四歩があるので
△同銀が本筋だと思いますが、
▲6五桂なら△同銀▲同銀△9九角成・・
▲6五銀なら△7七角成▲同飛△6五銀▲8三角△6二飛▲6三歩△同飛▲7二角成・・
いずれもまだ難しい戦いが続きそうですが、振り飛車が悪いとも思えません。

但し、本譜の居飛車の仕掛けが本当に成立していたかは疑問で、
本譜の進行なら振り飛車もやれていたと思います。

59手目の局面

香損ですが、居飛車の右側の金銀が負担で陣形が乱れているので
振り飛車ペースとも思える局面です。
ここで▲4一角は面白くありませんでした。
▲4一角では代わりに▲7五歩が手筋でしょう。
△同銀なら▲7四歩△同金▲4一角です。
これなら居飛車の対処が難しかったと思います。

この後は居飛車に頑強に受けられて、逆にペースを握られてしまいました。
2013/07/18(木) 10:17:34 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック