自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
8月24日 遊々将棋塾 
8月24日の遊々将棋塾。10時の回から参加。
今日の講師は、ゲスト講師の松尾歩七段、熊倉紫野女流初段、黒沢怜生三段。
名称未設定_R

細身のダークスーツが似合う松尾先生より、詰め将棋の出題。
002_R_2013082502190211c.jpg

松尾先生は、一昨日に順位戦で勝利し、現在B級1組で4勝1敗の1位。
平手で指導していただいた。
IMG_9408_R.jpg

▲自分×△松尾歩七段


戦型は、私の先手石田流に、松尾先生の左美濃となった。
中盤に飛車交換となり、大駒がさばけたが、居飛車にだけ桂香を拾われてしまう。
かなり追い詰めたので、一瞬「イケるのでは?」と錯覚したが、
飛車角銀だけでは銀冠を崩すことができず、攻めを切らされてしまい、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20130824185741861.jpg


感想戦での、松尾先生の指導は下記のとおり。
・57手目の▲4一銀の割り打ちはどうだったか。
 ここは▲6筋に歩を垂らし、と金で金を追いたい。その金を逃がしてしまった。
・攻めが切れてしまった。と金で攻め駒を増やすべきだった。
・居飛車は、馬が頼みの綱。何かのときに△3三馬と呼べるので、
 潜在的に守りに利いている。


感想戦での推奨手順



女流講師は熊倉先生。
IMG_9414_R.jpg

レディースの講師は、石田直裕先生だった。
IMG_9413_R.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック