自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
9月28日 遊々将棋塾
9月28日の遊々将棋塾
今日の講師は、高野秀行六段、熊倉紫野女流初段、竹下貴重初段。
001_20130928220737c79.jpg

高野先生出題の詰め将棋。7手詰。
IMG_9730_R.jpg

指導対局を受ける北野さん。
IMG_9732_R.jpg

竹下先生の指導を受ける吉村さん。
IMG_9733_R.jpg

私は、高野先生に飛車落ちで教えていただいた。
IMG_9734_R.jpg

▲自分×△高野秀行六段(飛車落ち)


感想戦での指導は、下記のとおり。
・今までで一番よく指せていた。
・46手目の▲8五飛の利かしはよかった。
・68手目の▲6二とも落ち着いていてよかった。
・先に小さい駒を使うことを考え、次に飛車角の活用を考える。飛車角を使うのは最後。


激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
0012_201309282229021b9.jpg


竹下先生に、向かい飛車での、対居飛穴戦のポイントを教えていただいた。

▲向かい飛車×△居飛穴




指導対局終了後、高野先生より大盤解説があった。
「南禅寺の決戦」として有名な、木村義雄対坂田三吉の棋譜だった。
IMG_9736_R.jpg


講座終了後、神宮前の天ぷら『松林』でランチをいただいた。美味。
IMG_9737_R.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック