自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
2013年 社団戦 最終日 対局棋譜
2013年の社団戦最終日の対局棋譜。この日は抜け番と不戦勝があり、対局は1局のみ。

▲自分×△相手


戦型は、相手の居飛車に、私の向かい飛車。
居飛車が△1二香と穴熊を目指した瞬間に、▲6五歩と突いて、角交換を迫る。
豊富な持ち歩を活かして、相手の飛車を押さえ込むが、
108手目に、王手飛車のチャンスを見落とし、痛恨。最後に角を2枚切って、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
1011.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
△7四歩~△7三銀型には・・
社団戦どうもお疲れ様でした。

棋譜将棋の序盤について少しだけコメントします。

24手目の局面。

▲7八金は最初からの狙いで指したと思いますが
この場合は疑問に思えました。
結論的に△7四歩~△7三銀の形に対して
▲7八金~8筋攻めは無理気味だと思います。
今まで教わってきた向かい飛車の定跡では
銀が7三にはいないはずです。
おそらく4筋あたりに銀がいる為、
6~8筋が制圧出来るので成功するのだと思います。

私なら逆に△7三銀を負担にさせるべく
▲5八金左としたいところでした。
その後▲5六銀~6筋、4筋攻めが狙いです。

▲7八金~8筋攻めは相手の形によっては
成立しないので注意が必要です。
2013/10/27(日) 23:37:18 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック