自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
将棋倶楽部24 矢倉戦の勉強を始める
将棋倶楽部24での対局。

▲自分×△相手



天野先生の教えに従い、橋本流(矢倉or相振り)を試行する。相矢倉の将棋になった。

70手目に詰めろ銀取りの△6九角を打ち、馬を作って相手矢倉に取り付く。
しかし、100手目の△8六飛が悪手で、自玉に詰み筋が生じる。
結果的に詰まされずに、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_201312180013424af.jpg

相居飛車の将棋は、これまで指していた対抗形の将棋と異なり、
盤面を広く見渡す必要性があると感じた。

矢倉崩しの手筋も、覚えなければならない。
昔に読んだ『光速の寄せ 矢倉編』を読み返さなければ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック