自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
12月28日 遊々将棋塾
昨日で仕事も終わり、今日から冬休みだ。14時の回から、遊々将棋塾に参加。

この日の講師は、ゲスト講師の佐々木慎六段、熊倉紫野女流初段、川崎直人三段。
001_20131229002117f85.jpg

佐々木先生の指導対局。この日は体験受講で、小寺さんが来ていた。
002_R_20131229002325514.jpg

守屋さんも体験受講で来ていた。
005_R_20131229004747613.jpg

生徒の中に、三浦先生が混じっていた。
004_2013122900311325b.jpg

川崎先生による指導対局。
003_R_20131229002515615.jpg

熊倉先生による指導対局。
IMG_2896_R.jpg

私も、佐々木先生に飛車落ちで指導いただいた。

▲自分×△佐々木慎六段(飛車落ち)


戦型は、下手の三間飛車。角交換後、金得したが、急所にと金を作られ、
ボロボロ駒を剥がされ、負け

感想戦での、佐々木先生の指摘は下記の通り。
・4筋で駒が衝突しすぎた。下手はマトモに喧嘩するべきではない。
・44手目は▲7九角ではなく、▲2六歩から角を追いに行くべき。
・上手に手を作らせないように注意する。


激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
006_20131229010631134.jpg


その後、川崎先生に、矢倉定跡(森下システム・脇システム)について教えていただいた。

矢倉定跡 森下システム



雀刺しに弱い森下システム



深浦流による雀刺し対策



矢倉定跡 脇システム



受講後、原さんと合流し、新宿の焼肉店『元ちゃん』にて、忘年会を行った。
IMG_2901_R.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック