自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
第5回 とちぎ将棋名人戦 対局棋譜
とちぎ将棋名人戦での、対局棋譜。25分切れ負け。
対戦相手は、2局とも子どもだった。
IMG_0416_R.jpg


1局目 ▲自分×△相手


戦型は、私の先手石田流に、後手の向かい飛車で、相振り飛車となった。
25分切れ負けなので、早指しを意識した。
41手目に▲8四同飛の十字飛車を見逃す、47手目に▲3六同歩と取ってしまうなどの悪手があったが、
最後は角を打ち込んで、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_201401060043499f4.jpg



2局目 ▲自分×△相手


戦型は、私の石田流に、相手の天守閣美濃で、対抗形に。
振り飛車は好形で指せそうだったが、居飛車も端を絡めて、飛車を捕獲に来る。
63手目は、▲8七馬と龍を取るべきだったが、▲5三馬と銀を取ってしまい、形勢逆転。
2枚飛車の猛攻を受け切れず、負け
勝負の分かれ目は、49手目の▲6三銀成で、ここは▲8五銀と引くべきだった。

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
010_201401060112177cc.jpg


切れ負けということで気が焦ってしまい、2局とも、要所の中終盤で、読みが甘くなってしまった。
切れ負けとはいえ、25分もある(ウォーズや24より長い)ので、
もっとじっくり考えて指すべきだった。
対局相手の子どもがマッハ指しだったため、釣られて指し手が早くなったのもよくない。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック