自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
御徒町戦記
土曜日は将棋dayだが、日曜日は家族サービスdayだ。
「お好み焼きを食べたい」という奥さんを、勝どきの『ひさご』に連れて行く。
(月島のお好み焼き店は、観光客向けで、あまりいいお店はない)
IMG_1058_R_20140216191613cb8.jpg

監視の隙を突いて、逃亡に成功。御徒町将棋センターへ。
IMG_1063_R.jpg

満席で、立ち見が出るほどだった。
IMG_1064_R_20140216191933837.jpg

中治さんは、トーナメントでベスト4まで勝ち進んでいた。
IMG_1069_R.jpg


1局目 ▲自分 二段×△相手 三段


戦型は、相手の先手中飛車に、私の石田流で、相振りに。
38手目の▲3六飛が迂闊で、桂を取られてしまう。
挽回するため、駒損覚悟で、強襲。76手目に▲5六香が入り、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20140216201806471.jpg


2局目 ▲自分 二段×△相手 二段


戦型は、相手の居飛車に、私の角交換型石田流。
9筋を破って優勢だったが、62手目の▲5一飛(いけるい飛車)が悪手。
終盤難解で、持ち時間を大きく消費してしまう。
最後は相手玉を追い詰めたが、45分の持ち時間を使いきり、切れ負け
対局中に、缶コーヒーを買いに行く余裕などは無かったのだ。

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
002_201402162117106c4.jpg

この日は2局対局。
対中飛車の相振り飛車と、角交換型石田流で、あまり指さない作戦を取ってみた。
普段使っていない筋肉が、鍛えられる感じがした。


理事長から、「社団戦の新規チームの残枠が少ない」ことを伺い、
すぐに参加申し込みを行った。
天野チルドレンは1チーム増やし、天チル1・天チル2で2チーム申請した。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック