自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
▲7七角型石田流+玉頭銀
日曜日は家族サービスdayであり、将棋道場訪問の決裁が降りず、
京王線で高尾山口に向かい、名物のそばを食べに行くことに。雪がたくさん残っている。
IMG_1143_R.jpg

老舗のそば店『高橋家』に入店した。
IMG_1145_R.jpg

高尾のそばは、とろろがデファクトスタンダード。
IMG_1150_R.jpg

夜に将棋倶楽部24でのレーティング対局。



▲自分×△相手


戦型は、私の石田流に、相手の左美濃。
石田流のレパートリーを増やすため、▲7七角型と玉頭銀を採用してみた。
終盤、玉頭攻めから香で串刺しにし、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20140223231236d07.jpg


昨日、加瀬先生に「決め打ちをしない。相手の陣形を見て、作戦を変えるべき」と伺った。
石田流を指すにしても、相手の陣形に応じて、形を変えるべきだ。
そのためにも、レパートリーを増やさねばならない。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック