自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
将棋倶楽部24で、やねうら王の対局を観戦した
電王戦2局目に出場するソフト『やねうら王』は、将棋倶楽部24にも参戦しており、
誰でも観戦できる。ちょうど対局中だったので、観戦してみた。

先手がyaneuraoh(やねうら王)で、後手がbrown_rat氏(R2969)だった。
手数は212手目、後手は完全に入玉し、先手玉を追い詰めていた。
001_R_20140318002131173.jpg

最終盤、受けがなくなると、やねうら王は水平線効果で、王手ラッシュをかけていた。
002_R_201403180021319d2.jpg

256手目、悠々と詰ませて、brown_rat氏の勝ち。
コンピューターは対抗形(入玉が難しい)には滅法強いが、
相居飛車戦で入玉を果たせば、別の将棋になる。昨年の電王戦・塚田×Puella α戦でもそうだった。
入玉すれば、人間にも勝機があるように思える。
003_R_20140318002131428.jpg


やねうら王を破った、このbrown_rat氏は、将棋ウォーズにもアカウントがあり、
弾丸(3分切れ負け)は九段で、勝率82%。
得意戦法は、振り飛車穴熊(全国4位)と四間飛車(全国5位)の強豪だった。
004_201403180044017d6.jpg


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック