自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
飛車と角の位置を入れ替えて、激指同士を戦わせてみた
激指は、盤面を編集して、COMに指し継がせることができる。

試しに、飛車と角の位置を入れ替えて、激指六段同士で対局させてみた。
単に対称形だから、通常の定跡を使うだろうか?
どうなることやら。

1局目 ▲激指(六段)×△激指(六段)


双方の飛車と角の位置を入れ替えると言うことは、
普通の将棋を左右逆にしただけであり、有利不利はない。普通の定跡も使えるはず。

しかし、定跡データベースを使えないようで、序盤から定跡を外れ、
相掛かり風の力戦形になった。

なぜか、角筋を開ける事は避け、相居飛車?なのに、船囲いに囲っていた。


2局目 ▲激指(六段+)×△激指(六段+)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック