自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
拙宅に宿泊したオギーと青木君の3人で、朝食を摂る。
午後からの人形町練習会には時間があるため、千駄ヶ谷の連盟道場を訪問する。
青木君は研修会卒業以来、7年ぶりの連盟訪問だそうだ。
IMG_2415_R.jpg



▲自分 初段×△相手 1級



対局相手は1級の小学生。戦型は相手の石田流。角筋を止めていない形だったため、
角を換えて▲6五角を打つ。互いに馬を作りあう形だったが、
56手目に王手で龍をぶっこ抜くという大技を炸裂させ、勝ち
相手の小学生は、「負けました」も言わず、ふて腐れて退席してしまった。

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_2014062900424366a.jpg


六段で指した青木君は、
○初段(飛香落ち)、○三段(角落ち)、○三段(角落ち)で、貫禄の3連勝だった。
連盟道場は六段が最高位で、どんなに勝っても昇段はないようだ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック