自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
久喜市夏季市民将棋大会
この日は、アマチュア名人戦 東京23区予選も開催されていたが、私は回避し、
久喜市夏季市民将棋大会に参加した。
会場は、久喜市中央公民館。上野から1時間ほどだ。
IMG_2574_R.jpg

久喜愛好会支部が主催の大会で、例年、200名近い参加者がいるそうです。
IMG_2562_R.jpg

優勝賞品がたくさん用意されている。
IMG_2589_R.jpg

クラスは、【S級】 五段以上、【A級】 三段、四段、【B級】 初段、二段、
【C級】 1級~2級、【D級】 3級以下、【ジュニア級】1~3級、4~6級、7級以下に分かれている。
私は、B級で参加した。スイス式で、5局を指す。
IMG_2578_R.jpg

B級で出場した渡邊さん。
IMG_2575_R.jpg

A級で出場した寺岡さんは、4勝1敗で、5位に入賞した。
003_R_20140720211930f59.jpg

本大会は何十年も続いている大会で、スタッフの方も慣れており、どんどん手合いがつく。
10時過ぎに対局が始まり、15時には全5局が終了していた。
IMG_2581_R.jpg

1局目 ▲自分×△相手


対局相手は、かなり高齢のシニア男性。
「指したら、時計を押すこと」と大書された自作のカードを、手元に置いている。

戦型は、相手の中飛車左穴熊に、私の石田流で、相振りに。
プロで流行している最新の戦型に精通していることに驚かされる。
穴熊が固まる前に、▲5六歩と突き返し、開戦。角を換えて、▲6五角と打ちこむ。
72手目の▲3六歩が危険で、73手目に△5五角でなく、△3九銀とされていたら危なかった。
相手の攻めを切らせて、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
003_20140720215822333.jpg


3局目 ▲自分×△相手


対局相手はシニア男性。戦型は、私の先手石田流に、後手の二枚銀・棒金だった。
角交換後、43手目▲7一角が両取りで、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
005_20140720222315990.jpg


4局目 ▲自分×△相手


対局相手は、若い男性。戦型は、相手の居飛車に、私は後手早石田を採用した。
序盤で馬を作らせ、乱戦に。29手目に相手の見落としがあり、
角桂交換で駒得になる。対局時はやや優勢を感じていたが、
自玉は壁形であり、激指のグラフでは差がついていなかった。
48手目の馬切りが悪手で、形勢を損ねる。終盤、左右を挟撃され、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
004_20140720232044c75.jpg


5局目 ▲自分×△相手


対局相手は、シニア男性。相手の作戦は、角交換四間飛車。
対抗形は、相手の研究範囲だと推定し、同型の相振り飛車を採用した。
拮抗していたが、67手目の△1二角が敗着で、形勢に差がつく。
好所に角を配し、上から桂を打って、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
005_201407202358030dc.jpg


私は3勝2敗で、勝ち越し賞をいただいた。中はクッキーだった。
IMG_2590_R.jpg

アマ名人戦予選に出場し、惜しくも名人位を逃がした北野さんと守屋さんが
人形町で残念会をやっているとのことで、合流した。
IMG_2592_R_20140720212242c2c.jpg

人形町の『サルヴァトーレ』で、ピッツァをいただいた。
IMG_2596_R_20140720212350c6f.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
今日はありがとうございました。
合流出来なくて申し訳ございません。

私5位だったんですね。全く気にもしていませんでした。勝ち越し賞しかもらってませんが。
全局先手番だったので、後手で試せなかったのが残念でした。

ありがとうございました!
2014/07/20(日) 22:07:20 | URL | てら #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック