自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
石田流 ▲6五同桂の変化
将棋倶楽部24で、レーティング対局。


▲自分×△相手


戦型は、私の先手石田流の、後手の居飛車。
居飛車は変則的な囲いで、2枚の銀を繰り出してきた。
39手目に、▲6五同桂と跳ね、▲7三桂成を狙う。
激指によると、67手目の▲4二銀成が悪手で、ここは▲4二銀不成だったと言う。
居飛車の76手目△2八金が敗着で、△4九飛成なら私の負けだったようだ。
きわどい終盤をしのいで、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20141021225229450.jpg


八代先生の『石田流破り左美濃 徹底ガイド』は、
中立視点であり、石田党にも大変参考になる。
▲6五歩、△同歩、▲同桂から▲7三桂成を狙う筋も、有力と紹介されている。
IMG_6883_R.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック