自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
荻窪戦記
連休最終日。将棋サロン荻窪を訪問した。
IMG_4423_R_201501122159493de.jpg

なんちゃって居飛車党に転進した筆者。相居飛車戦の実戦経験を積みたい。
IMG_4417_R_20150112220036c82.jpg

1局目 ▲自分 二段×△相手 二段


戦型は、相手の先手矢倉に、私の後手ウソ矢倉で、相矢倉戦に。
△6四角にこちらも▲4六角とぶつけたが、相手から角を換えられてしまう。
56手目▲7一角から、角を捨てての十字飛車はやりすぎで、形勢不利に。
相手の67手目△7七角もやりすぎで、形勢逆転。
自玉は裸になったが、持ち駒の飛車角金銀で寄せ、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_201501122255279ae.jpg


2局目 ▲自分 二段×△相手 三段


相掛かりの出だしになってしまったため、▲7七角からウソ矢倉にし、相ウソ矢倉戦に。
43手目の▲1五歩が疑問手で、角切りから1筋を破ったものの、
飛車も取られて後続手がない。上下左右から挟撃され、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
002_20150112232555c98.jpg

相居飛車を指すには、角換わり・相掛かり・横歩取りの知識が必要だが、
ウソ矢倉で急場をしのいでいる。
2局目の将棋は右銀が残ってしまった。遊び駒を作らないように意識したい。
右四間・棒銀・米永流急戦・矢倉中飛車といった、
後手急戦に対する定跡も覚えなければならない。


夜は、浅草の観光名所「サンダーゲート」へ。
IMG_4427_R_20150112215952ed7.jpg

焼肉の名店『金楽』へ。厚切りのハラミとカルビが美味。
IMG_4425_R_20150112215950bde.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック