自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
角換わりの勉強が必要
将棋倶楽部24で、レーティング対局。

▲相手×△自分


私は後手番で、戦型は相居飛車。互いに飛車先を伸ばしあう形となる。
私は相掛かりも、横歩取りも指せないため、後手番一手損角換わりを選択。
相腰掛け銀の同型となる。

64手目の△4二金引が悪手で、△5二同飛と取るべきだった。
83手目に相手が▲7五銀と合駒した瞬間が最大のチャンスで、
先手の持ち駒に斜め駒が無くなった自玉への詰めろが消え、一手余裕ができたため、
△7七桂成で詰めろをかけるべきだった。
本譜は▲7五銀に△同角と取ってしまい、斜め駒が渡り、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_2015030400172263a.jpg


自分が後手番で、
▲7六歩、△8四歩、▲2六歩となった場合、4手目に何を指すかが、目下の課題だ。

積んでいる棋書をじっくり読みたいが、帰宅が遅いので時間が取れない。
IMG_7768_R.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック