自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
8月26日 高野秀行先生指導会
8月26日の将棋部練習会。この日は高野秀行六段にお越しいただき、指導会を行った。
12名が参加。
IMG_0544_R.jpg

高野先生には4面指しでご指導いただいた。
IMG_0545_R.jpg

中川さん。
IMG_0563_R.jpg

古田君。
IMG_0555_R_20150827003338237.jpg

北村さん。
IMG_0566_R_201508270036510da.jpg

寺岡さん。
IMG_0551_R.jpg

榊原さん。
IMG_0549_R.jpg

榊原さんの後輩、三木君。大学1年生。
IMG_0564_R_20150827003653866.jpg

角落ちのスペシャリスト吉村さん。
IMG_0548_R_20150827003508dd8.jpg

奈良さん。
IMG_0556_R.jpg



▲自分×△高野秀行六段(飛車落ち)


戦型は、下手の三間飛車に、上手の玉頭位取り。
7筋5筋で歩を切って、2歩を得る。
70手目に飛車角交換を決行し、角をさばく。
81手目の△6九飛で、制限時間となり終局。

この後は、▲7八銀、△6八飛成、▲7九歩と打ち、龍を捕獲にいけば下手優勢とのこと。
しかし、私の力では▲7八銀とは打てない。

高野先生の指導は下記の通り。
・上手の3筋位取りに対しては、本譜のようにシンプルに組む。
 銀冠にせず、低い陣形にしておく。
 銀冠にしようとした瞬間に、玉頭を狙われるリスクがある。
・囲いの近辺はいじらずに、7筋・5筋の歩を切る。
・飛車角銀桂で、中央を狙う。
・△4五歩は迷わず取る。取り込ませない。角は成らせてもかまわない。


忖度するに、この「シンプル」という言葉は、駒落ち戦での重要なキーワードで、
無駄な手やひねった手は指さずに、すばやく囲って、
単純かつシンプルに、駒を交換して、少しずつリードを広げていくのが、肝要かと思う。


激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20150827005858b14.jpg



打ち上げは、ニュー新橋ビルの『西湖春』へ。
IMG_0568_R.jpg


高野先生、ありがとうございました!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック