自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
森内先生 『中盤の指し方 居飛車対振り飛車』講座
この日は四谷のねこまど将棋教室で、
森内俊之先生の『中盤の指し方 居飛車対振り飛車編』を受講した。
IMG_0571_R_201508282242200f9.jpg

森内先生の実戦局面を題材に、どんな考えで、どんな手を指したかを解説する講座だった。
IMG_0570_R.jpg

第22期竜王戦挑決 第2局 ▲森内俊之九段×△深浦康市王位



・右側で制空権を得る。左辺の飛車は取られても大丈夫。
 攻めている場所が違う。
・穴熊は急所に手がつくと脆い。
・相手の指し手より、価値が高い手を指す。
・盤面全体を見て、使えていない駒を活用する。
・端の勢力の関係はどうなっているか。



サーカスのような大さばきの手ではなく、
自玉が手厚くなったり、厚みを築く、森内流の指し手を教わりました。
こういった大局観は言語化しづらいため、本人直々の解説で大変勉強になった。
IMG_0569_R.jpg

森内先生、ありがとうございました!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック