自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
2015年 社団戦 団体個人戦 対局棋譜
2015年社団戦の団体個人戦の対局棋譜。4局を指した。

1局目 ▲自分×△相手


戦型は、相手の先手石田流に、私の中飛車左穴熊。
なんどか機を逃したが、成銀とと金と侵入させ、優勢に。
終盤は堅さが活きて、2枚の馬で寄せて、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20150830200602217.jpg




2局目 ▲自分×△相手


戦型は、私の先手三間飛車。コーヤン流の▲4六銀型で、4筋に位を張る。
71手目の▲5五角が悪手で、ここは▲4三歩だった。
銀出が奏功し、4筋を破って、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
002_20150830211322f10.jpg



3局目 ▲自分×△相手


戦型は、相手の四間飛車に、私の右四間穴熊。
先に馬を作られたが、成桂・成銀・馬を侵入させて迫る。
82手目に▲7六歩と突いて馬筋をズラし、成駒をさばいて、相手の守備駒を削る。
90手目の▲7七歩が敗着。なぜ穴熊のフタにこだわったのか?ここは▲4二馬だった。
8七の歩をむしられ、銀が露出。2枚の桂を打たれ、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
002_20150830214815214.jpg





4局目 ▲自分×△相手


戦型は、私先手石田流に、相手向かい飛車で、相振り飛車に。
72手目の△1六香で自玉は詰めろだが、▲3三角から詰ませて、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
002_20150830203954d93.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック