自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
午前中はワンコを散歩させ、午後から連盟道場へ。
IMG_2513_R_201512232024109d2.jpg



▲自分 初段×△相手 初段


戦型は相三間飛車。自玉は金無双に囲った。
中盤で相手陣に飛車を打ち込み、優勢に。
59手目の▲4一飛成は自然に見えたが悪手で、ここは▲4一銀不成で勝ち筋だった。
63手目の飛車切りが悪手で、逆転し、形勢不利に。
96手目は△8二銀なら負けだったが、△8四歩。ここで再度逆転し、勝ち

激指による棋譜解析結果は、下記の通り。
001_20151223215858288.jpg



▲自分 初段×△相手 1級


戦型は、相手の四間穴熊に、私の右四間穴熊。
54手目の▲5八飛の飛車切りは無理で、▲1八飛と逃がすべきだった。
84手目は王手飛車にビビッて▲3一飛成と逃げたが、
▲5一同龍、△3三角でも、龍金交換なので悪くなかった。
激指の分析によると勝負を決めたのは93手目で、ここで△7二同銀だったため、勝ち
93手目に強く△7九飛成とされると、▲同金と取れず、▲7七金打しかなく、難解だった。

激指による棋譜解析結果は、下記の通り。
001_201512232301590d2.jpg


学校が冬期休暇に入り、道場に子どもが増える時期だが、マナー悪い子ちゃんが多い。
特に小学校中学年ぐらいの有段者の子で、投了せず手合いカード投げ渡しや、舌打ちなど。
幼いながらも大人にも勝てるので、「将棋が強い=偉い」と、
子どものメンタリティなら思ってしまうのであろうか。

人格形成の大事な時期に、他者とのコミュニケーションを要さない将棋漬けになってしまうと、
将来社会に適合できない将棋馬鹿になってしまわないか、懸念される。
スポンサーサイト
コメント
コメント
分かります。
連盟道場の子供のマナーの悪さは目に余るものがあります。どうすれば礼儀作法を学ばせながら将棋をお互いに楽しむ事が出来るのでしょうか?
2015/12/24(木) 11:29:36 | URL | d #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

指導する立場にある将棋教室の講師が、
礼儀作法やマナーを教えるべきだと思います。

私は単なる対局相手なので、
注意などはしません。
小さいお子さんですし、対局相手がたしなめるのは難しいと思います。
2015/12/25(金) 16:28:42 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック