自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
御徒町戦記
仕事帰りに、御徒町へ。夜は涼しく、過ごしやすい。
IMG_4442_R_20160419223014a7a.jpg

御徒町将棋センターへ。通算124回目の訪問。
連盟道場が耐震工事中だからか、普段見かけないお客さんも多かった。IMG_4444_R.jpg



▲自分 二段×△相手 三段


対局相手は、これまでなかなか勝てない常連の強三段氏。
戦型は、私の先手石田流に、後手の中飛車左穴熊となった。
穴熊の金銀がくっつく前に、▲5六歩と突き捨て、仕掛けを決行。
53手目の▲7三同馬はやりすぎで、馬は切らずに桂香を拾うべきだった。
「穴熊には3三の地点に駒を打ち込め」と、大平先生の本に書いてあった通り、
77手目に▲3三歩と打って、穴熊攻略に着手。
87手目に▲3三桂成が入り、優勢に。
自玉頭に3枚桂を打たれて危ない形だったので、
NGな駒を渡さないよう慎重にほぐして、勝ち

激指による棋譜解析結果は、下記の通り。
001_2016041922520371e.jpg


年間約30回、ほぼ10日に1回のペースで御徒町将棋センターには通っていることになる。
この日は三段に3連勝。
4年前に御徒町将棋センター将棋センターに初訪問して以来、
当初は勝てなかったが、最近勝てるようになってきた。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック