自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
第112回職団戦 対局棋譜
昨日の第112回職団戦での対局棋譜。
IMG_1845_R_20171123222503e24.jpg


C級慰安戦1回戦 ▲自分×△東芝1軍


我々電通2軍は、1回戦でゴールドマンサックスに2-3で敗れ、慰安戦に回ることに。
相手は、東芝さんの1軍チーム。1軍なので、強いメンバーであろう。苦戦必至。

戦型は、私の先手で石田流本組みに。
後手は居飛車で、袖飛車で7筋を受けながら、角筋を止め穴熊に組んできた。
49手目に▲8六飛と回って△8二飛を強要し、▲6二歩と垂らして嫌味を付ける。
桂捨てから▲8一飛成と成り込んだ局面では、振り飛車悪くない。

63手目▲6三歩の叩きは、ミエミエなので無論とってはくれず、無駄打ちに。
ここは▲5四銀、△同歩に▲9一龍と香を拾うべきだった。

敗着は、89手目の▲7六角と打った手。
ここは▲3一龍と切り、△同飛なら▲2二角成、△同玉に▲4四角と打って、食いつくべきだった。

敗勢であるため、91手目に▲2四桂とタダ捨て。
△同歩なら、▲4九銀、△同歩成に、▲2三桂の詰み筋を夢想した。
無論、▲2四桂に△同歩とは取ってもらえず。

最終盤は何度か思い出詰めろをかけたものの、詰まされて、負け

三間飛車の天敵である居飛穴。
本譜も自玉が薄くなっていない早い段階で、飛車角を切って居飛穴を薄くしておかねばならなかった。
団体戦ということもあり、大駒を切り切れなかった。

チームも0-5で敗れ、2連敗でD級に降級となった。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック