自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
千駄ヶ谷の連盟道場へ。角換わりの経験を積みたい。
IMG_2353_R_2018052901572774d.jpg



▲自分 二段×△相手 二段


戦型は、後手の一手損角換わりに。
後手の作戦は棒銀だったため、先手の私は早繰り銀を採用した。
24手目△7五歩を▲同歩と取ったため、早々に銀交換をされてしまう。
こちらは早繰り銀を進出させ、55手目▲3三銀とし、持ち駒は角銀桂。
続いて59手目▲4五桂と打ち、次に▲5五角を見せ手番を握る。
拮抗していたが、後手の66手目△4四銀が受け間違えで、ここは△6四銀でないとダメだったようだ。
▲4四同馬に△同歩は一手詰みで、勝ち


角換わりの棋書を読み漁っているが、西尾先生の『よくわかる角換わり』が、
難しすぎず、体系的に説明がされており、私には有用に感じた。
51h8S4d5aJL__SX298_BO1,204,203,200_


相居飛車戦であれば、ほぼ必ず角換わりに持ち込めるところがよい。
角換わりは、腕力より、定跡知識の差がでやすい感がある。

遠山先生がおっしゃっていたが、居飛車を指すことで、
これまで使っていなかった筋肉が鍛えられている感がある。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック