自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
2018年社団戦 1日目 対局棋譜
昨日開催された、社団戦での対局棋譜。
私は2局目と4局目の計2局を対局した。
IMG_3451_R_20180702205541b61.jpg


2局目 ▲自分×△税理士会1



先手が早々に飛車先を決めたので、向かい飛車を採用。
居飛車の作戦は、玉頭位取りだった。
59手目の△6四角に対し、△3六歩が気になったので、▲同飛と取って飛車角交換。
これは疑問手で、▲3三角成、△同玉に▲5三銀と打ち込むべきだった。
66手目に▲8四角と打って、振り飛車優勢に。
と金の内側に馬を入れて玉を追う。
詰みを逃して着地が乱れたが、100手目▲2三金以下詰みで、勝ち
チームも4-3で勝利することができた。




4局目 ▲自分×△東洋大白山2


戦型は、相手の四間飛車に、私の右四間穴熊になった。
38手目、振り飛車の銀冠が浮いた瞬間に▲3六歩と仕掛け、飛車角銀の総交換に。
62手目に▲7五歩と桂頭を狙う。
74手目▲7三歩成で金を1枚剥がし、優勢に。
76手目の▲5一馬は悪手で、▲7四桂と打ち捨てて上部をふさぐべきだった。
振り飛車玉の逃避行を許したが、96手目▲5七角以下詰みで、勝ち



社団戦の会場で配布されていた、駒doc. 2018年夏号。
IMG_3269_R_20180702220602ad0.jpg

さくらはな。さん執筆の漫画「将棋好きに成りました!」は、社団戦がテーマでした。
無題_R

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック